新着順:3/8140 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ああ、邪教人 其の七十八

 投稿者:管理人  投稿日:2019年 7月17日(水)19時19分33秒 i223-217-95-95.s42.a014.ap.plala.or.jp
  通報 返信・引用
  >存在しない幽霊に戒名を付け、塔婆供養をしても、生臭坊主 ブタの懐を肥やすだけだ。

堪笑。おいおい、存在しない幽霊とは何ぞ。堪堪笑。

して、其の存在していない幽霊が存在していたら、戒名も塔婆もブタの餌には成らず、と云う事か。
されば、存在していない幽霊に常回向するオマエらこそは、単なる妄想癖の集団と云う事か。鼻笑。

存在しない幽霊…。哀笑。

面白い奴。

其の事、大聖人に申してみよ。小鼻笑。

>六、日精の造仏等
>「要山より晋める山主は始め日昌日就日盈の時は著しく京風を発揮せざりしが、但し其人柄に依らんも
>日精に至りては江戸に地盤を居へて末寺を増設し教勢を拡張するに乗じて遂に造仏読誦を始め全く当時の
>要山流たらしめたり但し本山には其弊を及ぼさざりしは衷心の真情か周囲の制裁か、其れも四十年ならず
>して同き出身の日俊日啓の頃には次第に造仏を撤廃し富士の古風を発揚せるより却つて元禄の事件を惹起
>するに至りしなり。」富士宗学要集第5巻宗史部

? はて、上記文は、富士宗学要集第9巻69頁の文ではないのか? 違うのか?

>先生のいらっしゃる東京で天魔原田稔、天魔山口那津男の打倒を祈り、先生の御健康と御長寿、野原さんの
>健康大勝利を、祈りに祈り抜いてまいります!

天魔原田、天魔山口って、おいおい、大丈夫かよ、これ。呆笑。

先生のいらっしゃる東京って、信濃町の創価総本部も東京だよ。哀笑。

その東京に天魔が二人居て、同じ東京に住んで居るセンセーは、一体何をやっておるのだ?
自分の目の前に居る天魔二人を、但、指を咥えて見ているだけなのかぁ?
そんなんじゃダメでしょ!

見るに聖教新聞では、センセーが重病などとは、一つも書いていない。
っー事は、健康である、と云う事か。ならば早く出て来て、天魔二人を針金で結わいて、
頭をトンカチでぶっ叩いて下さいよ。あ、それじゃ、死んじゃうか、鼻笑。

ったく、生きてんだか死んでんだか、判らんチンの池田センセー。

んもう! ハッキリしなさいよ! こんなんじゃ、センセーの健康維持を御祈念していいのか、
病気平癒を御祈念していいのか、あたしには判らないわよ!

見れば、背の小さい小太りの婦人部が、大柄の本部幹部を見上げながら文句を言っておる。

そーであろう。もし創価学会が、池田センセーの重病を隠し、又は危篤を隠匿するならば、
幾百万の会員は、其の所属組織に於いて、池田センセーへの平癒祈念の唱題会を期する事なく、
又は其の機会を奪われて、無為に過ごす事となる。

それでいいんですか? 原田会長センセー! もう知りませんよ! 呆呆哀。

>【れいわ新選組】野原ヨシマサ氏の街頭演説に元公明党幹部が応援に!
>元国土交通大臣の二見伸明氏

哀笑。もう滅茶苦茶だね。堪堪笑。

>近年では「『弘安二年の御本尊は受持の対象にはいたしません』とは暴挙であり、
>大聖人への反逆行為です」と相反することを感情的に述べて非難する。
>「信受する」のは許されない、狂っていると誹謗し、他宗派の大石寺にあるから
>「受持の対象としない」というと、今度は反逆行為だ、謗法と言う。
>どっちにしても批判するのが邪宗門だ。

哀笑。違うよ。

富山から破門された信者が、強信を装って大御本尊に帰命せんとする、そーゆー根性を許さん、と
言っているのであり、そーゆー信者が、装っていた強信をポイと捨てて、今度は大御本尊は信受しない、
という、そーゆー蝙蝠(こうもり)根性をして「謗法だ!」と言っているのである。
よいか。どっにしても批判するのが富山なのではなく、どっにしても謗法となるのがオマエらなのである。
だから富山は、どっちに対しても「謗法だ!」と言っているのである。よいか、これは批判ではない。
其れこそは謗法呵責の大慈言である。オマエらは邪教徒であるから、其れが解らんのである。

>宗史に残る日顕の 「大御本尊偽物」発言

呆笑。もう、それいいよ。哀笑。

オマエは馬鹿なのか?

少しは脳ミソを足しなさい。

>特捜部も動向監視中。
>明日7月17日13:45から松山地方裁判所で加計学園の公金詐欺の証拠開示が被告の今治市と加計学園に言い渡される予定。
>開示が命令されると、安倍ちゃんが汚職、収賄で逮捕されるという景気のいいお話。
>でも、開示が命令されるかは、不明。安倍ちゃんの逮捕にどう結びつくのかもいまいち不明。

哀笑。

泣けちゃうね。


されば今日とて邪教人。

邪教人への呵責はこれからも続く。
 
》記事一覧表示

新着順:3/8140 《前のページ | 次のページ》
/8140