新着順:20/8140 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

神を信じる御方へ

 投稿者:管理人  投稿日:2019年 6月12日(水)00時52分58秒 i223-218-134-20.s42.a014.ap.plala.or.jp
  通報 返信・引用
  態々(わざわざ)の御投稿痛み入るが、当室の規則に於いては、所謂(いわゆる)、串(37.341.120)等による投稿は
すべて削除(現在の仕様に於いては未掲載)の対象となる由。
御貴殿は、当室の巻頭文(赤文字で書かれた文言)を果たして読まれたか。
もし、読まれた上で投稿されたとなれば、削除不掲載を承知の上で投稿されたという事になる。
而して、上記巻頭文を見落として投稿されたとなれば、先ずは質問者としての其の緩慢なる姿勢を改めて貰わねばならない。
とまれ、故意による規則破りの投稿は、其の掲示板、就中、管理人に対しての非礼と心得られたい。

其の上で、今回は特別に、神を信じる御仁に対し、其の回答なりを此に示そう。
尚、其れに対する反論などは、御貴殿の心得が、当室の規則に則ったものと成れば、大いに歓迎するものである。

云く、

>この投稿(管理人の投稿文)の中に依法不依人とも文字があり、私なりに検索してみましたが、
>依法とは如来の教説であり如来のこと、つまり法と如来は一つであるが故に如来と如来の教説に依るべきであり、
>菩薩に依るべきではないということでしょうか  ※括弧内は当方記入

言うまでもなく「依法不依人」は涅槃経の法四依の一文である。
本より、此の「依法不依人」とは、人に依らずば言葉にも依らず、言葉に依らずば、其の知識にも依らず。
是(こ)は乃(すなわ)ち、真実甚深の境智を以って初めて、其の「依法不依人」たる句意が領解出来るのであります。

仍って単に「法」と「人」を分離して「依法不依人」と読まんとすれば、其れこそが御貴殿が申されている処の
『依法とは如来の教説であり如来のこと、つまり法と如来は一つであるが故に如来と如来の教説に依るべき』との
御主張に矛盾する事と相成るのであります。

されば『法と如来は一つであるが故に如来と如来の教説に依るべき』との御主張は、則ち『人法体一』を申されて
いるのであり、本より、仏法に於いては、人法体一にして「依法依人」こそが、絶待妙の極意と成るのであります。

仍って申さく『総じては如来とは一切衆生なり、別しては日蓮が弟子檀那なり、されば無作の三身とは末法の
法華経の行者なり。無作三身の宝号を南無妙法蓮華経と云ふなり』と。【就註法華経口伝下・新編1765】

つまりは、人法体一たる御本尊【日蓮大聖人即南無妙法蓮華経・南無妙法蓮華経即日蓮大聖人】を信受しなければ、
真(まこと)の「依法不依人」を観る事は出来ない、という事であります。

尚、御貴殿は、其の「依法不依人」の「依人」に託して『菩薩に依るべきではないということでしょうか」と質疑
されているが、果たして其の「菩薩」とは、御貴殿からして誰の事を指しているのでありましょうや
まさか、日向身延に身を寄せて「菩薩とは日蓮上人の事です」などと呟くのではあるまい。
無論、其れこそは「不了義」と相成るから、気を付けた方がよろしい。

されば、本地無作の三身、則ち如来とは仏の名号にして、其(そ)は人にして日蓮大聖人であり、
其の法にして「南無妙法蓮華経」と云うのであります。

人法体一の仏身。実(げ)にそこにこそ「依法不依人」の極意、つまりは「依法依人」の妙理が観えて来るのであります。

>如来と如来の教説に依るべきであり、
>菩薩に依るべきではない

されば「釈迦菩薩」はどうであろうか。果たして依るべきではないのか。爾して、此の「釈迦菩薩」は如何様にして、
「釈迦如来」と成ったのか。果たして、御貴殿が信じる「神」と比して、其の「人法体一」の極意を明示して欲しい
ものではある。

【注意】

尚もし、上記の回答に応論したい場合は、最初に申し上げた通り、当室の規則を厳守し、其の上に立って御投稿される様、
此に重ねて注意するものであります。
 
》記事一覧表示

新着順:20/8140 《前のページ | 次のページ》
/8140