新着順:2/8103 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

創価邪人の戯れ言を破す

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 5月 5日(土)22時34分57秒 i223-218-107-85.s42.a014.ap.plala.or.jp
  通報 返信・引用
  >大石寺派(すでに広宣流布からリタイアしたので最近は退席痔派とも呼びます)では、
>自分たちの唯一のアイデンティティとして戒壇の大御本尊を主張しますし、大聖人の御書の
>とおりに実践していない老衰した自己中心の脱会者が、自分は大御本尊のある方がいいから
>日犬は悪でも仕方ない、と半泣きで侘びていたりもします。

阿呆!! 正法流布から退席したイボ痔教団とは、実にオマエら創価の事を指して言うものである!
果たして創立以来、教義の大根本として来た一大秘法義を、何の躊躇いも無く放り投げた、応に無節操
極まりない、其れこそアイデンティティーの無い滅裂狂団と化したオマエら創価学会こそ、正法広布から
退席した馬鹿者集団である! ったく、オマエは何を言っておるのか!?

鼻笑。其れにしてもオマエ「自分は大御本尊のある方がいいから日犬は悪でも仕方がない」とは如何なる事か。
ならば、其の日犬とかいう貴様の妄想犬が、冨士の裾野に居るとして、オマエらの大将である池田太作が、其の
妄想犬の下に在る大御本尊を指して『信心の根本であることは、これからも少しも変わらない」と断言しておる
のは如何なる事か。果たして、貴様のセリフを借りて言うならば、実に此の池田太作の断言こそ、仕方なしの
半泣き状態ではないのか! そうであろうが! 反論あるなら申してみよ!!

>しかし、貫主であった日顕自身が、戒壇の大御本尊についての真実を示唆する講釈を垂れたことで、
>いよいよ真実の大聖人の教えが明らかにされる「時」が来たと確信しています。

哀笑。真実の大聖人の教えとは何か。小鼻笑。
まさか、一大秘法とは本尊の事ではなく、題目の五字の事である、という事か。
ならば、其の事、貴様らの大将である池田太作の指導から其れを立証してみせよ!

>日顕が河辺メモでばらした戒壇の大御本尊偽物説の間違い。
>宗門でも有名な河辺メモは、かつての学会と宗門との連絡会議の学会側の記録と比較するとほとんど表現が
>一致していること等の実績から、その正確さについては知る人ぞ知る、という記録文書です。

哀哀笑。

おいおい又其れか…。

ったく、そんな使い古しのイチャモンを持ち出して、今更何を言っておるか!

よいか! 河辺メモについては、我らが完膚までに破折し尽くしておる!

つまり、オマエらのイチャモンは単なるイチャモンに終わった、という事である!

いや、そんな事はない、と言うならば、当方が相手になってやろう!

その代り、逃げるでないぞ! よいな!

>最も確実な確認の方法は、毎年の虫払い法要の際に公開される日禅授与本尊について、
>実際にどのように籠抜きをした形跡が残っているかを確認すれば良いのでしょうが、
>宗旨が根本からひっくり返るので、絶対に宗門はそれを認めるはずはないし、聞いても頭から無視し
>否定するしか道がない。

小鼻笑。フェイクの読み過ぎだよ、オマエ。糞笑。

籠抜きだ? 貴様、凡人の分際で、御本尊の御認(したた)めについて、生意気な事を言うものではない。
して、其の形跡を確認すれば、宗旨が根本からひっくり返ってしまうから、宗門は無視するしかない、とな。

阿呆! 元からして形跡のないモノを、どーやって確認するんだよ、オマエ。小鼻笑。
いや、其れよりも何よりも、貴様らの様な蛆虫に、ハイ、確認致しました、などと、言う訳がなかろうて!

云く、

『証拠は大石寺にある! 若しそれを知りたいのならば信心を奮い起こして拝みに行け! 見せる、見せない。
見世物じゃあるまいし、信心の無い者が拝めるわけが無いではないか!』

此の大呵責、覚えておろうか。言うまでも無い。貴様らの大先輩、小平教学部長の大呵責である。

哀笑。此の大呵責、そっくり其の儘、貴様にくれてやろう。

>戒壇の大御本尊をわずか数mg削って、AMS法で炭素14を分析せよ
>それによって事実を示せないならば、以下の根拠に基づき、戒壇の大御本尊とは大聖人滅後に日禅授与本尊を
>模刻したものだと断定するぞ!と責め続けましょう!

模刻だ? おいおい、オマエらの言う河辺メモには模写と書いてあるぞ。一体どっちなのだ。
ったく、適当な事をいうものではない。呆。

其れにしても貴様、我らに対して、大御本尊の一部を削れとは何事か!
いや、其れを返して云うならば、貴様は分析という名の下に、己(おのれ)の本尊にハサミを入れる事も厭わない、
応に不信背逆の暴徒という事になるが如何!

だからこそ云う。若し其れを知りたいのであれば、信心を奮い起こして拝みに行け! と。
さすれば『真の証拠』が見えて来よう!

まぁ、何れにしても、与義にして戒壇の大御本尊は日禅授与本尊の模写というならば、其れこそは、
日禅授与本尊こそ戒壇の大御本尊を模写したものだ、という事を、其の時系列からして推考すべき
であろう。よろしいか。模写とは其の元(以前から在るモノ)が在って初めて成るものである。

果たして、此の推論を完膚なまでに破れるか。鼻笑。

いや、破れまいて。小笑。

つまりは、其れがオマエらの限界という事である。

どうせ持って来るならば、我が富士大石寺がひっくり返る程の証拠を持って来なさい。

ったく、束に成った参考書を脇に抱え、あーでもない、こーでもない、とイチャモン話を繰り返し、
挙句に『鑑定に出してくれ!』などと限界の悲鳴を上げる、文献亡者の拙さよ。小鼻笑。

猶(なお)此に云うが『戒壇の大御本尊』という呼称は、どの御書にも無い。
爾して「大御本尊」という語彙は、日興跡条々事と本門心底抄(日順師)のみである。

さても御書の何処(どこ)にも記(しる)されていない「大御本尊」を「弘安二年」という年に限定し、
しかも其の「大御本尊」を以って日目上人に授与相伝すると謂う。はてさて、其れは如何なる事か。

本より「弘安二年」と云えば『聖人御難事』の一文であろう。

訳して云く『釈迦は四十余年、天台は三十余年、伝教は二十余年に出世の本懐を遂げた。無論、其の間の大難は
言うまでも無い。そして私の本懐は二十七年である。無論、其の間の大難などは各々が知るところである』と。

はて、此の一文に謂う「本懐」とは何か。

「曼荼羅図現」「弘安二年」「大御本尊」「死後の円戒」

果たして、これら項目を連結して、見事、正答を成し得るは、応に「時を待つべきのみ」の御聖意を識(し)る、
我ら興門正統以外には有り得まい。

大御本尊在るが故の宗門。
大御本尊在るが故の猊下。

とまれ、

池田在ってのオマエらに、其の様な事など解かるまい。

しかし池田は言う。

「大聖人の出世の本懐である一閻浮提総与の大御本尊が信心の根本である事は、これからも少しも変わらない』と。

                             【平成5年9月16日、アメリカSGI最高会議】

果たして、創価を破門に処した、其れこそ、オマエらからして大謗法の山である富士大石寺に格護さる
大御本尊を、これからも少しも変わらずに信心の根本にする、と断言した池田太作の指導こそは、応に
永遠の指導者としての永遠なる本尊指導ではなかったのか。

よいか。オマエら創価は、そういう事を先ずは総括して、一体どの本尊義が正しいのか、毎年コロコロ変わる
俄(にわか)教学の其れではなく、恩師戸田先生已来のしっかりとした本尊義を以って、大乗真実の極意を述べる
べきである。

ったく、そんな根無し草の附仏法ずれが、見て来たかのような悪口を並べて、其の負い目を繕(つくろ)うなど、
観ていて余りにも浅ましい。

少しは恥を知りなさい。

>大石寺派(すでに広宣流布からリタイアしたので最近は退席痔派とも呼びます)では、
>自分たちの唯一のアイデンティティとして戒壇の大御本尊を主張しますし、大聖人の御書の
>とおりに実践していない老衰した自己中心の脱会者が、自分は大御本尊のある方がいいから
>日犬は悪でも仕方ない、と半泣きで侘びていたりもします。

呆笑。

先ずは此のセリフ、池田センセーに言いなさい。

そして、オマエが正しいのか、池田センセーが正しいのか、

其の事を知らせなさい。

よろしいか。

加えて云う。

学会本部に云く『この度、(創価に)授与される御本尊は、広宣流布を深く願い、「大聖人直結」
「御本尊根本」の正道を貫かれた日寛上人が、享保五年に書写され、淨圓寺に授与された御本尊である』と。

さても、「大聖人直結」「御本尊根本」の正道を貫かれた日寛上人とは如何なる事か。
さても、日寛上人をして「大聖人直結・御本尊根本」とは如何なる事か。

此等の事も併せて総括し、当室に返答を寄こしなさい。

よろしいか。

ったく、何もかにも有耶無耶にして、惚けるものではないぞ。

尚、此の阿呆が羅列している愚疑については、追々、呵責して参ろうと思う。
 
》記事一覧表示

新着順:2/8103 《前のページ | 次のページ》
/8103