新着順:7/8104 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ああ、邪教人 其の七十四

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 5月 1日(火)16時31分3秒 i118-19-13-247.s42.a014.ap.plala.or.jp
  通報 返信・引用
  >職員幹部(大幹部)がIcanがノーベル平和賞を受賞したことを通して指導してました。
>→実は裏でほとんどの展示や事務方で支えてきたのは創価学会ですとのお話。。。

哀笑。なんだ。SGIではなかったのか。哀笑。
何? SGIは創価学会の傘下組織とな。鼻笑。
しかし、当初は其の逆を目指していたよな。哀。
SGI>日本創価学会という風に……。

つまりはなんだ。SGIの進展が下降しておるから、日本創価が其の傘下に収めて、其の一切を
取り仕切る、という事であろう。哀笑。尚、池田太作が死んだ後は、息子の陥没君がSGIの会長職を
務める事になっているという。言って置くが、此の情報は、彼の馬鹿フェイクよりも数百倍、信憑性が
有るものである。鼻笑。

>学会員でない方に戸田先生の核兵器禁止宣言の核絶対悪を国連で叫ばれてしまい
>公明党創価学会は情けないと思わないのでしょうか?。
>職員幹部(大幹部)はよくも、しゃあしゃあ~と指導できるものだとあきれてしまいました

哀笑。学会員でない方、と言っても、其の被爆女性はICANの依頼を受けて演説したのであろう?
鼻笑。ならば、其れこそはSGIの功績とも成るのではないか。なんだ。違うのか。哀笑。

職員幹部? 哀笑。褒め過ぎだよ! 基奴(そやつ)らこそは「職業幹部」である!
否、在家の癖して、同じ在家から供養を受け、其れを財物給与として恩恵を受けている禿人以下の
紛(まが)い者達である! 本より、其の財物に対する執着は異常そのものである。

職業幹部に云く「あんたハッキリ言えないんだったら、私が言ってあげる!
今度の広布基金は100万出しなさいよ!! 皆の前で言っておくから。ねッ!
婦人部長は、ちゃんと、100万、取りに行って!」

呆哀。本より此の指導は、彼の女史の指導であるが、いやまぁ、呆笑。
思うに其れこそは、学会員の帰属に右往左往している僧侶に対して、一発咬ました御隠尊の厳呵とは
全くの大違いである。よいか! 取りに行くのは金ではない! 信者である!
よいか! 其れをして布教というのである。

而して、此の不満壮年部。職業幹部を指して大幹部と称するは、多少、年季の入った御仁ではないのか。
無論、タテ線時代とは云うまいが、当方の後輩であるとしても、未だ覚めぬ其の信心には、何とも残念で
ならない。まぁ、隊長のビンタを受けてドスンと倒れこむ班長や分隊長の姿を見てきた当方からして、
「大幹部」という呼称は、今にしては何とも懐かしいものである。

>きちんと本人を納得させる指導が幹部にできればその壮年はスッキリして
>何十倍もの力を発揮するでしょう。これが現場における実態です。
>学会が衰退するのも仕方ないですね。

鼻笑。

大白蓮華を片手に御書講義などする小幹部連中が居る以上、宗団組織の士気学力などは上がらんね。
本より、そーゆー連中が現場を支配しておるから、本尊教義の変節にも気が付かないで居るのである。
無論、職業幹部からして見れば、其の方が楽であるから、一層、其の様に仕向けられて、遂には今の様な
有り様に成った、という事である。

呆呆哀。されば「新・教宣ハンドブック」に云く、

『戒壇の御本尊とは、宗祖日蓮大聖人の出世の本懐であり、日寛上人が「三大秘法の随一なり」と仰せの
大御本尊である』【同6ページ】

哀笑。オマエらこれ、どーすんだよ。言って置くが、此のハンドブックの宗門に対する断言は、破門から
已(すで)に10数年経っているものである。果たして、昨今の原田創価の言い分からすれば、此の時、宗門は
謗法の宗ではなかった、という事になる。

果たして、オマエらは、こういう滅裂をどう思うのか。反駁あるなら申してみよ!!


>池田先生の名前を使えば、どんな理不尽でも
>誰も逆らえない、ということを巧みに利用する法匪八尋。
>表舞台には出ず、暗躍を重ねる。

鼻笑。ホント、えらい目に遭ったよな。此奴の為に。哀笑。

うむ。法匪とはよくぞ申した。

して、其れを仏法の視点から言うならば、此奴こそ、破和合の凶族となろう。

而して、其れら破和合の凶族が集まれば、其の凶族らは和合して、組織の内臓を食い荒らして往くのである。

本より其れをして「獅子身中の蟲」と云う。

尚、今更言うまでもないが、現在の創価は、其の腸(はらたわ)の殆どを此奴(こやつ)らに食われておる。

呆哀。もう、遅いわ。

而して、此等の現証こそ、大御本尊に背いた現罰であろう。

本より、本尊教義の捻転こそ、仏法からして一番重い罪となる。

されば、お主らの首魁に、口のきけぬ者が居らんか。意思の疎通が出来ぬ者が居らんか。
いーや、糞尿さえ自ら出来ぬ者が居るのではないか。

言うまでもない。宗教指導者が自らの意志によらず、其れこそ不本意にして其れらの状態を得るは、
是れ全く本尊誹謗の現罰である、という事を此に識るべきである!

>先生の平和主義、慈悲の思想に反した、原○学会の中で信心に喜びはありますか?
>功徳はありますか?
>全く、有りません。

呆哀。じゃあ、やめなさい。そんな組織に居ても与同の重罪を重ねるだけである。
何? やめるも何も組織から追放されたとな。……哀笑。
ならば一体、オマエらは何者であるのか。一体何処(どこ)の宗の者であるのか。
言って置くが『私教』は謗法であるぞ。そんな事くらい解っておろうが。
何? 俺たちには日護御尊能化が居るとな。鼻笑。
おいおい、今更、保田に身を寄せるのか。呆呆哀。

>原田怪鳥様、先月の「励まし週間」は初っ端の週デスたが、5月の「励まし週間」はいつからデスかぁ~(笑)
>愛人との蜜月旅行、もとい御訪問で英気を養われた原田怪鳥様、さぞかしGW中は「励まし」に邁進するコトを
>期待しておりまぁ~す(笑)

呆哀。おいおい、其れホントーかい。呆笑。

>さて、ナニやら? 某ツイッターで「創価珍報」の記事が紹介されていたのデスが、これって「家庭訪問」の
>材料にピッタリじゃないんデスかぁ~(笑)
>例によって、元職員3名の方なり、宮川氏などをディスる内容みたいデスが、一方的な物言いで、公平性がまるで
>ナイのは残念でぇ~す(笑)

鼻笑。創価珍報に叩かれている連中が、フェイクを貼り付けて宗門の悪口などを言う。
鼻笑。ったく、何が何だか判らんが、其の公平性を云うならば、創価珍報に倣ってフェイクこそ、其の媒体を明かし
なさい。ったく、青葉茂などと。ふざけるものではない。

して、そんなフェイクが断言して云く、

『身延山といえば、日蓮大聖人を末法の御本仏と仰がずに「日蓮大菩薩」と称しており、また
「板本尊偽作論」を唱えて大御本尊を否定し、更に、御本尊を店先にぶら下げ、御守本尊を
カードにして販売している謗法の山である』【フェイク 第1406号】

重ねて言おう。オマエらは先ず以って、此のフェイクの記事を総括致せ!

さても、此のフェイクの主張に依るならば、宿坊もイタチも宮田もキンパラも、皆、謗法人の仲間入りと成る!

其れで間違いないか、フェイクよ! 其れとも何か、このフェイクの記事こそがフェイクであると申すのか!!

ったく、そんなフェイクを貼り付けている連中を、創価新報が呵責する。
さても、新報の前身が大学新報であるが故に、そこに多少の知恵が回っておるとでも云うのか。呆笑。

哀笑。いやはや、何処(どこ)ぞの歌詞ではないが、馬鹿と阿呆の絡み合い、とは応に此の事をして云うものであろう。

本より、馬鹿に付ける薬は「バカ」と知らしめる事にあり、阿呆に対する薬も「アホ」と知らしめる事にある。
本より、其れが在ってこそ「悔悟」が成るのである。

さて、本日はここ迄としよう。

今日も今日とて邪教人。

邪教人への「馬鹿阿呆」呼ばわりは是れからも続く。
 
》記事一覧表示

新着順:7/8104 《前のページ | 次のページ》
/8104