新着順:9/8104 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ああ、邪教人 其の七十三

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 4月29日(日)21時18分45秒 i60-35-89-93.s42.a014.ap.plala.or.jp
  通報 返信・引用
  久々の投稿と相成った。

管理人による確認後掲載の仕様を採っている当板からして、当事者による長期不投稿の態は決して
宜しいものではない。本より其れが仕事の多忙にあるとしても、務めて長期なる不投稿を避けるが
当板管理人の役目と心得る。

さて、其れら反省の弁を述べつつ、周囲の邪教板(原田創価員及び除名創価員、并に不信仰者の掲示板)を
見渡せば、相も変わらず邪見浅識の戯れ言を書き散らかしておる。

当方は何度も言っておろう。

莫迦に付ける薬は、其の者をして莫迦と言う他にない、と。

して、そんな莫迦者連中が、連日連夜、馬鹿な事を書き散らかしている宿坊掲示板こそ馬鹿の骨頂であり、
そんな釈迦本仏の骨頂掲示板に、創価の正義たらを書きちくる、無智無脳の小創価員達こそ、莫迦の真骨頂と
成るものである。呆呆哀。

そんな莫迦な創価員が云く、

>日顕宗の皆さま 大石寺のこ本尊は真筆できない

鼻笑。莫迦なオマエに何が判る。こ本尊? 糞笑。『こ』とは、オマエの小アタマの事ではないのか。鼻笑。
呆哀。真筆できない、とは何ぞや。日本語を話せや日本語を。呆怒。
尚、日顕宗という宗教は、この地球上には存在しておらん。いや、其れでも尚、存在していると言うならば、
オマエはこっちに来なさい。さすれば当方、徹底的に呵責してしんぜよう。

>「宿坊の掲示板」の存在は、草創期の頃の「座談会」の様に思えます。
>笑いあり涙あり…けれど その根幹は「学びの場」

呆哀。オマエの脳髄は腐っておるのか。
釈迦本仏の宿坊掲示板。日蓮大聖人が本仏というのはイワシの頭。
こんな事を言っている管理人宿坊の掲示板が、創価草創の学びの場などと。
糞笑。大丈夫か? そのアタマ。

>昭和五十四年の第一次宗門問題(会長辞任)は、学会の歴史における第三の「発迹顕本」として
>位置付けることはできないでしょうか。

糞笑。出来ねぇーよ! そんなモン! 呆呆哀。
言って置くが、オマエら新興宗教の在家らが、其の一々の行状を以って「発迹顕本」など高言するは、
是れ全く摧尊入卑の邪態であるという事を識(し)りなさい。本より「発迹顕本」とは、日蓮大聖人の御事
のみを指して云うものである。

>第三の「発迹顕本」を成就したのは、第二次宗門問題(池田大作総講頭罷免)の時です

呆笑。つまりは何だ。其の「第三の発迹顕本」以前の創価学会は、須らく迹の行態であった、という事か。
して、そんな「発迹顕本」を述べるオマエが、何で釈迦本仏論の宿坊掲示板に投稿しておるのか。
其の整合性を此に宣べてみよ!

>現在の執行部は、自分たちが牛耳る「学会組織」を守るために、池田先生の指導を基準とせず、
>池田先生を排除しようとする実態が、この「遠藤文書」には克明に綴られています。

長谷川が云く『池田先生は大御本尊と決別するなどとは言っていない』
谷川が云く『大御本尊に執着しているのは、実は秋谷議長である』

うむ。長谷川の言っている事が本当であろう。

されば池田センセーが断言して云く『大聖人の出世の本懐である一閻浮提総与の大御本尊が信心の根本である事は、
これからも少しも変わらない』と。 【平成5年9月16日、アメリカSGI最高会議】

元より信心の根本が将来に於いても変わらない、とは、応に信仰者として当然の姿勢であり、其の根本尊崇が
将来に於いても変わらないとは、当に日蓮大聖人の仏法からして当然の理(ことわり)である。
仍って、長谷川の言い分こそが正しい。してもし長谷川の言い分が間違いであるならば、当の池田センセーこそが
嘘つきの張本人と成る。

而して、谷川の言い分こそ、本尊に対する信仰心を執着と観る邪見であり、又、そういう邪見人であるからこそ、
『教義なんかどーでもいいんだ! 後付けでいいんだ!』などと狂言を放つのである。

されば、釈迦本仏の宿坊と、大御本尊偽作論の金原と、大聖人よりもっとスゴイ人が現れると断言したイタチなどは、
是れ全く上記谷川の言い分と同じくする邪教人の輩(やから)である。

然るに、こーゆー連中こそ、根本教義など其方(そっち)退(の)けの連中なのであり、そこに在るのは、単に切った
切られた、という感情領域の腹いせでしかない、という事が此にして判るのである。

哀笑。いやはや何とも、さもしい連中ではないか。呆哀。

>「小樽問答」を掘り下げる事をすればするほど、「弘安二年 本門戒壇の大御本尊」を日蓮正宗大石寺風に
>解釈する事になる。

哀笑。オマエは、池田センセーの永遠の指導に弓を引くのか。哀笑。
尚言うが、大御本尊に対する尊崇は「風」ではなく『義』である。
其の事を能く能く勉強しなさい。

>宗門の「C作戦」でこの人は何を学んできたんでしょうか

哀笑。「C作戦」の実行こそは、オマエら創価が先手であろうが。
本より、宗門に於いて「作戦」などというものは無い。

事態に於ける最終決断と、事前に於いて作戦を練るなどは、其の受動と能動による基点からして
そこには大きな差異がある。其れよりも何よりもオマエらの謀(たばか)りこそが「C作戦」の骨頂ではないのか。

云く『本山とはいずれ関係を清算せざるを得ないから、学会に火の粉がふりかからない範囲で、
つまり、向う三年間の安全確保をはかり、その間、学会との関係ではいつでも清算できるように
しておくという方法であり、いま一つは、長期にわたる本山管理の仕掛けを今やっておいて、
背後を固めるという方法です』と。【昭和49年4月29日付/山崎・八尋文書】

果たして、此の後の北条文書も含め、是れらこそが『C(カット)作戦』の骨頂ではないか。
ったく、手前(てめー)のやって来た事には白を切り、宗門の覚悟をして作戦などと罵るは、
是れ全く鉄面皮の其れではないか! オマエらは恥というものを識(し)りなさい。

>副会長連中の平均年収三千万円を知られたくないだけでしょ。
>これだけで職員幹部なんて誰も尊敬しなくなるからね

哀笑。創価貴族の本職連中。同じ在家から金を集めて平均年収三千万てか。鼻笑。
果たして一体、オマエらは何様であるのか。いや、僧侶でもないオマエらが、何で在家から金を集めて、
己(おのれ)の退職金と為すか。まさか、其れをして『御供養』とでも申すのか。呆哀。

>「法華経」は、釈尊が説いたものですが、釈尊が書いたものではありません。
>"フェイク"についてのご投稿ございますが、誰がかいたか、かいているかは二の次三の次だと私は思います。

あほー! 法華経とフェイクを一緒にするでない!
よいか! 法華経は真実を説いているが、フェイクは嘘を書いておる!
よって! 嘘を書いているのは誰だ! という事になる!
ったく! そんな事も解らずに、誰が書いたかは三の次だ、などと馬鹿な事を言うものではない!
されば! フェイクを説いているのは誰なのだ! オマエは其れを述べよ!

>保田妙本寺・宮川日護御尊能化…
>創価新報のデマ記事に関して、
>創価学会原田会長及び、創価新報を業務妨害で告発を検討。

哀笑。そりゃ大変だね。

いや、その前に御尊能化よ。

お主こそは、已下の宣言の総括をせねばならんぞ!

云く『「法体の血脈」という時、その「法体」とは本門戒壇の大御本尊以外には有り得ません』と。

これ、どーすんの。何とか言いなさい。呆哀。

>学会組織ではかつてのオウムみたいに
>警察?自衛隊などの勢力を取り込もうと
>カネで人材(スパイ含め?)確保とか?

糞笑。その内、日蓮大聖人の真筆本尊をカネで確保するよ。鼻笑。
スパイは今でもいっぱい居るから、もういいだろう。
しかし何だ。法華講に居るスパイたちは、オマエらからして邪教と化した「日顕宗」の本尊に、其れこそスパイ
よろしく手を合わておるが、其の行為は謗法と成らんのか。鼻笑。してもし成らんと言うならば、何故、オマエらは
戒壇の大御本尊を捨てたのか。其の整合性を此に述べよ。

>期日前投票に行ってきました。立憲民主党に、そして信心して37年初めて共産候補にいれました。
>日本のため、創価のために。

哀笑。共産党に票を投じた事が学会の為になるとは如何なる事か。鼻笑。
さても、オマエは鵺であるのか。呆笑。

>「国民民主党」5月7日結成。民進・希望代表が正式合意。野党第一党に及ばず

呆笑。そんな事ぁーどーでもいいよ! 其れよりもオマエこそは信心に励みなさい!
おっと! ここで云う信心とは、創価の信心ではないぞ!
一大秘法たる妙法蓮華経の五字こそは、当に御本尊の御事である、という日興上人の御教示に対する信心である!
されば、其れをして要法寺対策の俄か教義だ、などと侮蔑する原田創価の狂義こそを、オマエは破折しなさい!
ったく、そういう大事を横に置き、小野党の烏合に目を奪われるなどは、これ全く小見の恥態である、という事を
識りなさい。

さて、本日は此処(ここ)までと致そうか。

呆呆哀。

観れば観るほど邪教人。

邪教人への呵責はこれからも続く。
 
》記事一覧表示

新着順:9/8104 《前のページ | 次のページ》
/8104