新着順:15/8107 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

投稿者・閲覧者各位

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 3月17日(土)18時59分40秒 i60-35-89-214.s42.a014.ap.plala.or.jp
  通報 返信・引用
  昨夜帰宅。

あっという間の出張であった。

いや、時の経つのが早いと感じるは、是れ、己(おのれ)の年が寄っている証拠やも知れん。

いや、そうは言うも、今だ皺(しわ)無し、白髪無し…。而して其のフサフサとした黒い髪は、
吹き荒(すさ)む北風に靡いて、其の小若さを醸し出す…。

汗。おっとぉ、これ以上は申すまい。

次元の低い物言いとは云え、これ以上申せば、私義己義の自己満無信仰者の根性と同じに成ってしまうわい。

さて、本日より当室の管理を始めようか。

本より、其の管理とは、邪宗邪義への呵責も含まれる。

いや、其の呵責こそが、当室管理人の主意とも成ろう。

然るに昨今は、創価学会の教義破綻を起因として、そこから派生した小者連中が、好き勝手な教義を作成し、
又は論じて、其の頭破七分の度合を深めている由。

本より、此等の者共は、其の初めからして信仰心など無いのであり、実(げ)に其の根性こそは、内外勝劣の
値にも入らぬ、応に一闡提人の其れである、という事を此に識るべきであろう。

されば、呵責叱責こそが、此奴(こやつ)らの最も良き薬となる。

では、早速に始めよう。
 
》記事一覧表示

新着順:15/8107 《前のページ | 次のページ》
/8107