新着順:123/8140 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

同穴の幽霊

 投稿者:管理人  投稿日:2017年12月30日(土)14時12分2秒 i223-218-151-119.s42.a014.ap.plala.or.jp
  通報 返信・引用
  一致派身延に肩入れした勝劣派顕本法華宗の長谷川義一が云く、

『仏滅後の本尊の所謂(いわゆる)、何と申しまするか。仏滅後二千二百二十余年或いは三十年と書かなくては
いけないそうでございまするが、見た人によりますると云うと、仏滅後二千二百二十余年という事になっている
わけだ。してみるというと、本尊七箇相承に従いますというと、三十年と書けという事になっておる。
そうすれば、その時分には品物(戒壇本尊)がないということがはっきりと証拠立てるように、私は考えておるので
御座います。(中略) しかも仏滅後は、三十余年と書かなくてはならないと(御本尊七箇相承には)書いてあるので
ございますけれども、見た人によりますると、はっきり二十年であると云う事であるのです。私一ぺん拝見に行きたい
のですけれども、他門の坊さんには見せないからして、眼が潰れるってんだよ』 【小樽問答誌 90頁】

鼻笑。

勝劣顕本の僧の癖して、身延日向の一致派に肩入れするとは、此奴も幽霊の一種であろうか。呆哀笑。

して、此の幽霊僧が云く、

『私が身延の用心棒になったと云われまするが、私は新たな日蓮宗を設立したと云う意味において、
(ここ小樽に)参っているわけだ! それだけ云っておきまして、そこで本尊の問題に移りまするが…』

鼻笑。

何をか言わん。

お主らの開祖たる日什は、次の様な置文を遺しておる。

云く『大聖の御門弟六門跡、並びに天目等の門流、皆方軌弘法共に大聖の化儀に背く処有るに依って
同心せざる処也』と。

重ねて弟子の日金が云く『当流は六門徒に替わりて一幡を挙げて名称之れ有り、その理之れ多し、
その中に本迹に勝劣を立て給ふ是れを以て肝要と為す、此れ既に蓮祖の本意上行付嘱の大旨也、
此の旨に迷ひ本迹に浅深を立てず傍正を明かさざる事は誠に自立廃忘の師敵対也』と。

鼻笑。

大聖人の本意に背く一致派の共ずれは、自立廃忘の師敵対なりと、開祖先師が責断しているにも拘らず、
身延派の片棒を担いで法論に臨むなどは、当に足の無い幽霊の姿そのものであり、又、こういう連中こそが、
己(おのれ)の頭破を差し置いて、富士門の本尊教義に文句を垂れるのである。

何度も言うが、相手のケツの臭いを嗅ぐ前に、手前(てめー)のケツの臭いを嗅いでみなさい、という事である。

とまれ、こーゆー信学滅裂の幽霊たちには、何を言おうとも、手前(てめー)のケツの臭いを差し置いて小理屈を
述べ立てるのであるから、其れこそは「非学者論に負けず』が如く、延々と喋り続けるのであろう。哀笑。
して、そーゆー幽霊たちに『何でオマエらには足が無いのだ!」と詰問すると、何とも幼稚な返事が返ってくる
のである。哀。だからこそ言う! 相手のケツがどーのと言う前に、手前のケツの臭いを嗅いでみろと。呆怒。

重ねて言うが、日蓮大聖人の仏法に於いては、不信こそが大罪であり、其の不信から発する誹謗こそが重罪である、
という事を先ずは識らねばならない。

因みに、身延山久遠寺に立てられている本多日生(顕本法華宗)の銅像は、未だに撤去されておらんのか!?
ったく、一致派の総本山に、勝劣派顕本の坊主像が立てられているとは、何をか言わんや。
実(げ)に是れこそも幽霊の姿そのものではないのか!

創価学会、小平教学部長が吼して云く、

『知りたいのならば信心を奮い起こして拝みに行け! 信心の無い者に、見せる、見せない、見世物じゃ
あるまいし、信心の無い者が拝めるわけが無いではないか!!』

ご尤も。

仍って日蓮大聖人が詰論して曰く『信じて問ふか、信ぜずして問うふか』と。

さても不信謗法の幽霊たち。

今日も今日とて、小理屈を述べる。

実(げ)に情けなき、無知の姿よ。

呆哀哀。
 
》記事一覧表示

新着順:123/8140 《前のページ | 次のページ》
/8140