新着順:147/8140 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ああ、邪教人 其の六十七

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月 5日(火)18時20分1秒 i114-185-19-59.s42.a014.ap.plala.or.jp
  通報 返信・引用
  >「日蓮久遠本仏論」という中近世の寺院仏教擁護論
>日蓮久遠本仏論は神話の世界ですし、因習深く、宗教臭いです。
>現代はもっとスマートに、人間主義の自己実現型成仏観がスッキリします。

哀笑。アンタはそーかがっかいいんですかぁ~。哀笑。
哀笑。もし、そーかがっかいいんだったら、ちゃんと池田センセーの「大聖人は末法の御本仏」という指導に
従った方がいいよ~。哀笑。

>従来の学会教学とは、冨士大石寺顕正会なども含めた伝統的正宗・日寛教義と同じです。
>ここで大事な点は、SGには別の思想潮流があったという事実です。

哀笑。その「別の思想潮流」とは、なんですかぁ~? 小鼻笑。
つまりは、腹の底では、ちがう教義思想を持っていた、という事ですかぁ~?

小鼻笑。っちゅー事は、宗門は其れを察知して、事前に破門の処断を下した、という事になりますね。
小鼻笑。ったく、腹の底で離反しておきながら、宗門に切られた、などと、よくも言えますね。哀笑。

そーかがっかい。いいかげんにしなさいよ。哀笑。

>日蓮本仏論では説得に限界があることを、身で実践で知っておられるからでしょう。
>鬼に金棒とはこのことです。

小鼻笑。日蓮本仏論とは説得するもんなんですか~。呆呆哀。
しかも、その説得に限界があるとは、つまり、オマエの教学力が全くのゼロである、という証拠になりませんか~。
呆哀哀。そーかがっかいいんなら、ちゃんと、日蓮大聖人は末法の御本仏です、と言いなさい。
ともあれ、自分が所属する宗派教団の根本教義に違背している者が、他宗の教義に文句するなどは、応に破廉恥の
骨頂という事です。オマエこそは恥を知りなさい。

>SGのほとんどの中堅幹部は、五重の相対を正確に理解できていないことを残念に思っています。
>長年、任用試験の受験担当や教学支部責を務めてきて、教学の無さに危機感を持っています。

小鼻笑。日蓮本仏論には限界がある、と言っている御仁が、五重の相対を正確に理解できていないことを
残念に思う、とは、ホント、オマエは「面白い」奴ではある。哀笑。
小鼻笑。「教学の無さに危機感を持っています」って、オイ! そりゃ、オマエの事だよ!

>現在の教学部も創価教学を確立するための過渡期を歩んでいる。

そーか、そーか、そーか教学まだ過渡期なのか。そーか、そーか。小鼻笑。
ならば、過渡期の分際で、富士門の大成教学に唾するものではない!

して、其の過渡期の先には何が有るのか。言っておくが、オマエら創価はもう既に新興の宗教と成っておる。
哀笑。そんな新興宗教が、今にして過渡期などと…。哀笑。あまり笑わせるものではないよ。鼻笑。

>また、こちらの板(宿坊板)も弘安二年に随順するのか?新しい教学を指向するのか、人によって見解はことなる。
>堅樹院の教学的解釈を都合のよいところだけ拝借して展開しても仕方がないと思う。

堅樹院? 無礼者! オマエの様な阿呆が呼び捨てるものではない!

何? 弘安二年に随順するのか? だと?

そんなもん、先ずは手前(てめー)ん所の池田センセーに訊いてみろや!

その池田センセーに云く『大聖人の出世の本懐である一閻浮提総与の大御本尊が信心の根本であることは、
これからも少しも変わらない』と。【平成5年9月16日、アメリカSGI最高会議】

なんだ。これもオマエからすれば、堅樹院(日寛上人)の教学的解釈を都合よく拝借した指導という事になるのか。

ならば! 先ずは池田センセーを呼び捨てにして、其の拝借精神を呵責せよ!!

ったく、堅樹院などと、それこそ順序が逆であろうが!

邪教人、ホントにオマエらは邪教人であるよな!

ったく、オマエらそーかがっかいいんには、信仰者としてのアイデンティティーは有るのか。
何奴(どいつ)も此奴(こいつ)も、好き勝手な事を言いおって! もう支離滅裂ではないか!
そーであろう! 邪教人たちよ! 呆哀。

何!? そもそもが邪教を信仰しておるから、アイデンティティーなど初手から有りゃしない。だと?

鼻笑。おぉ! たまには、筋の通った事も言うのであるな。小鼻笑。

>池田先生は日顕宗に勝利宣言をされています。

呆哀哀。だからぁ~、その「日顕宗」に勝利した池田センセーがぁ~、
『日蓮大聖人の出世の本懐である弘安二年十月十二日の一閻浮提総与の大御本尊が信心の根本であることは、
これからも少しも変わらない』と断言してるんだよ! どーすんだよ、これ! まさかウソかいな!
つまりは、ウソの勝利宣言という事かいな! なんとか言えよオマエ!

>創価三代の信仰に於いては、
>人法、つまり本尊と師匠を、その支柱とする。
>言うまでもなく、本尊は、南無妙法蓮華経の御本尊であり、
>師匠は、池田先生である。

堪笑。そーか。法は御本尊で、人は池田センセーか。堪堪笑。
ならば、日蓮大聖人はどーするのだ。日蓮大聖人はどこに行ったのだ。
哀笑。オマエ、其の儘だと墓穴を掘るぞ。小鼻笑。

>保田妙本寺の傘下になって
>ダライラマの手先になって
>もう先生の弟子ていえるん
>なんやそれ
>あかん

哀笑。

日寛上人を蹴飛ばして、
谷川・原田の手先となっても、
センセーの弟子といえるんか。
なんだそれ。
オマエこそあかんよ。

嗤、なんだ、まだあるか、まだあるか。

いやいや、是れこそは限(き)りがない。呆哀哀。

今日も今日とて邪教人。

邪教人への拳骨(げんこつ)は、是れからも続く。
 
》記事一覧表示

新着順:147/8140 《前のページ | 次のページ》
/8140