新着順:162/8136 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ああ、邪教人 其の六十四

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 6月18日(日)17時39分21秒 i114-185-21-119.s42.a014.ap.plala.or.jp
  通報 返信・引用
  今日も今日とて邪教人。

では参ろうか。

先ずは其の一。

>日蓮(上人)はの、日蓮(上人)の法門を理解できない富木常忍に…

日蓮はの、ではない。

日蓮大聖人は、である。

括弧など用いるものではない。

其れにしても、日蓮とは呼び捨てたいが、其の増長に小遠慮して(上人)などと付け加えておる。哀笑。

お主、其の様な浅識無知の分際で「日蓮の法門を理解出来ない富木常忍」などと、よくも言えたものである。

ったく、富士門の正師たる日蓮大聖人を日蓮と言い、邪宗日蓮宗の小坊主をして聖人と言う。

よいか。其れらの脳髄をして「心破作七分」と云うのである。

本より、日蓮大聖人の大法門を理解出来ないからこそ、富木五郎左衛門は釈迦仏の造立に固執したのである。

先ずは其の事、お主が投稿している掲示板の管理人に教えてやりなさい。

其の方が先決である。

次。

>弱者を守ってどうなるんだ!
>お涙ちょうだいではダメだ!
>丹治とは聖教の元編集局長
>前代未聞の金銭問題を引き起こした悪人

そうか。丹治副会長は悪人であるか。

荀子云く『人の性は悪なり』。

鼻笑。オマエたち附仏法外道の集団に於いては、此の荀子の教えこそが似合いではないのか。

人の性は悪なり。其の善なる者は偽なり。

さすれば、丹治の悪事なども得心出来るであろう。

つまりは、其れが創価教の限界という事である。

小鼻笑。此の意味、理解出来ようか。出来ずんば、富木胤継と同じである。


次!

>原田執行部が「多少の退転はやむを得ない。9割は付いてこれる」という趣旨の発言をしていたとも
>聞き及んでおります。
>1000万会員の1割と言えば100万人。100万人の同志を退転させ、地獄に堕とすというのでしょうか。

其の発言こそは八尋顧問弁護士(現副会長)のモノであろう。

本より、此の様な無機質な者を側近として迎えた池田太作の罪は重大である。

因みに、池田太作は、昭和53年9月23日の本幹に於いて、此の様な事を言っておる。

云く『学会員が五万や六万減ったってどうということはない』

果たして、これはどうなのか。

これも、同志を退転させ地獄に堕とさんとする悪魔の発言であるのか。

先ずは其の事を説明しなさい。

ったく、オマエたちの欠点は、過去の矛盾に目を向けず、其れこそ何の総括もせずに、ベラベラと口を動かす
処(ところ)にある。少しは反省しなさい。そして、破門時に駆け込んだ茶坊主たちを護ってやりなさい。
今更、教義を変更して用無しとは、いくら何でも可哀想であろう。哀。
よいか。あの時、これらの茶坊主が居なければ、オマエたち創価の本尊義は体面上、成り得なかったのである。
よいか。其の事を忘れてはならん。

次。

>「十界・十如・権実の法」とは、結論的に言うと、
>「十如是のあり方を取り、権と実にまたがった十種の生命体という存在」
>という意味に解釈できる。

哀笑。だから何なのだ。哀笑。

其の様な事、本末究竟の真なるを見極めれば、領解出来る事ではないか。

何? 本末究竟の真とは何かだと?

哀笑。お主の眼前に在ろうが。

さても、灯台下暗し、とは此の事か。

さもありなん。哀笑。

されば曰く『夫(それ)一心に十法界を具す』と。

はて「一心」とは是れ如何に。

よろしいか。其れを領解せずして台家を論ずるは、是れ全く浅識の罪に成る事を、お主は知るべきである。

曰く『義道の落居無くして天台の学文すべからざる事』と。

果たして「義道」とは何ぞや。

まさか、創価教ではあるまいに。哀哀。

ああ、邪教人。

嗚呼、邪教人。

小義邪教人の破折はこれからも続く…。
 
》記事一覧表示

新着順:162/8136 《前のページ | 次のページ》
/8136