新着順:182/8136 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

通りすがりの法華講員殿

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 2月27日(月)15時10分5秒 i121-118-81-166.s42.a014.ap.plala.or.jp
  通報 返信・引用 編集済
  お久しぶりで御座います。

墓穴を掘った教宣部…。

哀笑。此の様な連中は、元から墓穴を掘って、今や、其の墓穴に入り込んでいる、当に不憫(ふびん)な
連中であります。嗤。

>日蓮宗が偽書・真偽未決として提示した『昭和定本日蓮聖人遺文』の御抄に真書の存在があることを
>ほのめかし、上記の言い訳(怠慢の自責)をして終了しているのです。

本より、真偽の断定は難儀であり、小智恵と猜疑心を交じり合せて小学者を気取ろうとも、そんなモノは
屁にも成らず、事の大事は、そこに示さる法義・教示を如何にして解釈するか、又、如何にして心読するか、
であり、其の大局の根眼こそは、実に相伝義に依って成る、という事を領解する、という事であります。

邪宗身延の日蓮宗。実(げ)に其の実態こそは、迹門宗にして釈迦宗の権化であり、そんな連中に偽書の選別
など出来よう筈もありません。果たして『真の偽書』とは如何なるものか。そういう初歩的な段義こそを、
先ずは教えてやらねばなりません。否、未だ一尊なのか二尊なのかも判らぬ連中などに、教えるなど勿体ない。
此の様な連中などは叱り飛ばすが上等であると思うものであります。

本覚寺の日奥が云く「宗義の所詮依法不依人の金言に依らば真筆の有無をもって必ずしも詮とせず。
たとえ真筆の御書たりといえどもその義経文に相違せば用い難し。(中略) もし真筆無くんば用い難しと
いわば録内の御書も真筆は多く紛失せり。しかれば録内も正本紛失せるをば用いずといわんや」と。

小笑。さても、一致派の僧にしては、真(まこと)の理屈を述べ給ふ。佳佳。

実(げ)に、識に依らす智に依って文義を測るが仏法義の第一であり、又、其の根幹を為すものが、相伝義の
力量である。つまりは、邪宗異流義に於いて、真(まこと)の真偽などは判ろう筈も無い、という事であります。

>宿坊および創価学会教宣部内で、『昭和定本日蓮聖人遺文』の真偽について証明していただこうと思います。
>彼らは、難癖の根拠に『昭和定本日蓮聖人遺文』も『日蓮聖人遺文の国語学的研究』『日蓮遺文の計量分析』
>も用いてきましたが、双方で述べていることは相反しており、どちらかが偽書もしくは両方が偽書の疑義は
>発生しました。いずれにせよ、これまでの宿坊および創価学会教宣部の難癖の根幹が消えてしまったという
>ことになりますね。

宿坊は単なる馬の骨。

当室に於いて自身の所属宗派を宣べず、又、其の所属宗派の下に尊信する本尊と教義をも宣べず、
但矢鱈に富士大石寺を毀謗する、単なる馬の骨、つまりは「馬鹿の骨頂」という事であります。

教宣部は北朝鮮と同類。

創価教宣部は、謀略と捏造を捏ね回す、応にドブ鼠が如き連中であり、其の痴態こそは、北朝鮮の其れと
同類であります。哀。さても、こんな連中が偽書だ真書だ、などと…。糞笑。

して、そんなドブ鼠が好んで引用する、フェイクニュースに云く、

『身延山といえば、日蓮大聖人を末法の御本仏と仰がずに「日蓮大菩薩」と称しており、
また「板本尊偽作論」を唱えて大御本尊を否定し、更に、御本尊を店先にぶら下げ、
御守本尊をカードにして販売している謗法の山である』と。【フェイク 1406号(13.08.22 発行分)】

哀笑。なんだ。是れこそが偽文という事かいな。鼻笑。

哀笑。さても馬の骨と教宣部。

邪宗身延の法義を尊(たっと)びて、如何なる御書をして偽と断ずるか!

先ずは、そーゆー初歩的な所から叱って参りたいと思う次第であります。

>彼らは、これからどうするんでしょう?
>もう『偽書』とも言えなくなりましたね。

哀笑。抑も「彼ら」自体が偽者なのであり、又、そうであるからこそ、馬の骨と成り、教宣部と成って
いるのであります。果たして、そんな偽物連中が『偽書』などと、ふざけるものではありません。鼻笑。

御義口伝の加文に曰く『或は文を陰(かく)して義を取り、或は義を隠して文を取り、或は文義共に顕はし、
或は文義共に隠して講談するなり』と。【新編 1815】

本より、文上読みの文献莫迦にとっては、是の一文こそ、大いなる叱責と成るのであり、又、其の事実たるを
認めたくないが故に「彼ら」は、加文だ、偽書だ、と騒ぎ立てるのであります。

まこと無慙とは此の事をして云うのでありましょう。

尚、通りすがりの法華講員殿には、これからも御投稿の程、宜しくお願い致します。
 
》記事一覧表示

新着順:182/8136 《前のページ | 次のページ》
/8136