新着順:213/8140 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

馬の骨へ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 1月 4日(水)16時03分44秒 i125-205-106-86.s42.a014.ap.plala.or.jp
  通報 返信・引用
  相も変わらず、悪口雑言を撒き散らかしておるよな。哀笑。

何度も云うが、当方はオマエの様な馬の骨など相手にはせん。

狂人を相手にするほど、当方は閑ではない。(又、そーゆー境涯でもない)

哀笑。オマエが勇気を出して親告したら、いつでも相手になってやるよ。哀笑。

しかし出来るか、臆病者のオマエに。

果たして、オマエに対して言う「馬の骨」とは、馬鹿の骨頂の略語である。

ったく、木蔭に身を隠しながら、モノを投げつける其の醜さよ。哀哀哀。

オマエなどに佛教を語る資格などは無い。

よいか。私憤で物事を語ろうなど、其れこそ馬鹿の骨頂である。

いい加減、やめた方がよろしい。観ていて、余りに哀れである。

オマエなどは、池田太作の批判でもしていなさい。

なんだ、其れは出来んのか。哀笑。

ったく、此の半端者めが!

兎も角、オマエなどに用は無い。

頼むから他でやってくれ。哀。
 
》記事一覧表示

新着順:213/8140 《前のページ | 次のページ》
/8140