新着順:239/8140 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

外来種セイタカアワダチソウ~外道創価

 投稿者:H27脱会@法華講員  投稿日:2016年11月24日(木)10時38分10秒 E219108019207.ec-userreverse.dion.ne.jp
  通報 返信・引用
  こんにちわ。
今朝は、夜明け間際から、首都圏も初雪。
11月初雪は54年ぶりとか。箱根は既に積雪。皆様、足元悪いですからお気を付けて
下さい。

通りすがりの法華講員さま、総本山、御大会、参詣成されたとの事。
今年は、ちょうど、20~21日は寒気も緩んでいましたが、如何でしたか?
天候も荒れて無く、諸天も寿ぐ御法要に、成ったかと。

私は、昨年、初めて御大会参詣させて頂いて、日蓮正宗の信仰の素晴らしさ、正統義を、
実感し、また加えて、ご僧侶が、御出家成されるとは、斯くも、深い、篤い、強い決意
が有って成されるんだと、感動いたしました。
爾来、日々の勤行中、欠かすことなく、御当代御法主上人猊下さま、御陰尊猊下さま、
所属寺院の、御尊能化さま、始め、日蓮正宗の御尊師、ご僧侶の、ご健康と、
御長寿、日々のご法務の執行の安からん事を、自然にご祈念させて頂ける様に
成れました。
御陰尊猊下様、御出仕成されたとの事。本当にありがたい事と思います。
創価学会を脱会は遅れましたが、御陰尊猊下様、お元気な内に、日蓮正宗に、戻れた、
身の福運を、御報恩感謝申し上げております。

私は、、残念ながら、月曜日が掛かると、参詣が、出来ません。
来年の御大会も、カレンダーを手繰ると、月曜日が掛かってしまいます。
毎週、月曜日が、勤務先、経営会議で早朝経営幹部会議なのです。
ですが、日寛上人さま、御消息、『かならずかならず身のまずしきをなげくばからず
唯信心のまずしき事をなげくべけれ』…あきらめて、出れないと決めつけず来年こそはと、
強く願って参ります。

さて、先日、出張中、車を運転していますと、ススキが繁茂しておりました。
それに交じり、ずいぶん、見かけなく成った、セイタカアワダチソウが…。
どうも、あの、くすんだ、黄色の、また、排気ガスに汚れる所に生えるセイタカアワダチ
ソウが、私は、好きでは有りません。

一時期は、日本中に、ひどく繁茂して、すすきや、日本古来の趣の有る草花が、駆逐されて
しまうと、マスコミも取り上げて、セイタカアワダチソウを駆除すべく、刈り込んだり、
抜いたり、地域ごとに、取り組んだりしましたが、なかなか、駆除しきれず、その強勢な
繁茂力に、外来種への嫌悪感と危惧に、問題視されたものでした。

しかしながら、近年、随分と、見かけなく成り、すすきの有名な繁茂地、景勝地、例えば
箱根、仙石原でも少なく成りました。
我が家の近辺でも、少なくは成りましたが空き地には、すすきが優勢です。
これは、調べてみましたら、どうやら、外来種(外道)セイタカアワダチソウ(現池田創価)は
【アレロパシー効果】と言って、根(根底)から、周囲の植物の成長を抑制(正しい日蓮正宗
のご法義の広布の妨げ)する化学物質を出す(創価学会の己義、邪法、邪義)。
ですが、ある一定の、限界値を超えると(現在の創価学会の崩壊の姿)セイタカアワダチソウ
自身が、その、化学物質(日蓮正宗に対して、企てた、ありとあらゆるねつ造と、誹謗)が、
我が身に還り、やがて、自分自身が、毒されて駆逐されていく。

正しく(まさしく)、創価崩壊、崩会、そのものと、思いました。
今日より又、正しい、日蓮正宗の信徒として、励んで参りたいと強く思います。



 
》記事一覧表示

新着順:239/8140 《前のページ | 次のページ》
/8140