新着順:255/8140 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

文証を出せない頭破妄想家の坊や

 投稿者:通りすがりの法華講員  投稿日:2016年11月 7日(月)23時04分30秒 pw126254204065.8.panda-world.ne.jp
  通報 返信・引用
  「文証を出せ」と言ってるのわからないの?
コミュ障の坊やには、「文証=妄想」なのかね。
もう一度書くよ、創価学会会長からハシゴを外された坊や。
君の推察=妄想は要らないから、正しく文証をだしなさい。

*日行の時代は東坊地の係争があり、『本門戒壇の大御本尊』そのものが存在しない、あればズバリそのように書かれている。
○だから。
「ズバリそのように書かれている」は君の妄想だろwww
日行上人が『本門戒壇の大御本尊』そのものが存在しない」と述べた文証を出しなさい。

*『二箇相承』が大石寺に伝わったのは宗祖滅後200年後。
○ニ箇相承が大石寺に伝わったのは『間違いなく』宗祖滅後200年後に伝わったとする文証をだしなさい。
また、ニ箇相承が「存在したこと」と「伝わった」ことは同じではないぞwww

*大石寺蔵「三師御伝土代」の作者は、『弟子分本尊目録』や本尊脇書の記述を知らず、伝聞をもとに作成した。
○おいおい。
「編者曰く」の後は無視かい?
きちんと「二三誤字を訂正し~」と書いてるだろwww

*筆跡鑑定の結果「三師御伝土代」は日道筆ではなく、日時筆と断定されたが、そこにも『本門戒壇の大御本尊』がしるされていないだけではなく、「仏滅後二千二百三十余年が間、一閻浮提の内、未曾有の大曼荼羅なりと図し給ふ御本尊に背く意は罪を無間に開く云云」と、大石寺の板本尊を否定し、罪を無間に開くと断定している。
○おいおい。
未決事項を断定するでない。
「三師御伝土代」の筆跡鑑定は未決です。
ほんと、妄想だけは立派だな。事実を書きましょう。

*「仏滅後二千二百三十余年が間、一閻浮提の内、未曾有の大曼荼羅なりと図し給ふ御本尊に背く意は罪を無間に開く云云」
→君の読み方間違ってるぞwww
「が間、」を正しく読めているかい?
君が言う「仏滅後二千二百三十余年が間」が本門戒壇の大御本尊様の否定にはリンクしません。
まさか、讃文に「仏滅後二千二百三十余年が間、一閻浮提の内、未曾有の大曼荼羅なり」と書かれてると思い込んでないよな?それならば大きな勘違いだぞwww。
きちんと文章を読む力を身につけなさい。

*つまり大石寺日時上人が『本門戒壇の大御本尊』を否定している。
○上記の通り。してません。君の誤読と邪推に過ぎません。
日時上人が「『本門戒壇の大御本尊』を否定した」と言った文証をだしなさい。

*日蓮聖人在世の身延山時代に板にする楠も存在せず、日興・日目・日道各大石寺法主の時代にも、「本門戒壇の大御本尊」という板本尊は、存在していなかった。
○楠が自生していなかったことと、戒壇様が楠でできていることはリンクしませんな。
またしても妄想ですか?
また、「『本門戒壇の大御本尊』という板本尊は、存在していなかった」と日興・日目・日道上人が示した文証は?
要は君の妄想の域はでてないよねー。

*日蓮聖人が顕した弘安年間の真跡本尊を全部調べなさい。
○だから書いたろ。君の調査結果などどうでもいいの。
大聖人様御自ら「弘安年間真跡本尊には『太才』が当然記されている」と言った文証を出しなさい。

貴様、妄想しか語れないのかよ。
まともな文証をだしてみなさい。
況してや、古文の読み方すら間違っているじゃないか。

誰も坊やの妄想は聞いてないぞwww
どうだい?
これまでの君の努力を、創価学会会長自ら全否定してきた気分は?
20年御苦労さん。
無駄だったね。
 
》記事一覧表示

新着順:255/8140 《前のページ | 次のページ》
/8140