新着順:306/8138 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

向門身延派信者の弁

 投稿者:管理人  投稿日:2016年10月25日(火)16時49分30秒 i121-116-155-118.s42.a014.ap.plala.or.jp
  通報 返信・引用
  ************************************************************************

本日は、当山に勧請(お祀り)されている守護神様のご報恩の法要が営まれました。
法筵寺には、日蓮宗のお寺では有名な、七面天女様や鬼子母神様、大黒様、八大龍王神様など
お祀りされていますが、その他にも、猿田彦天神様、摩利支天様、恵比寿様がお祀りされてい
ます。それぞれの守護神様は尊きご縁にて先代から受け継がれていますが、恥ずかしながら、
そのいわれは分かりません。

************************************************************************

大呆哀。

だから、七面天女とか鬼子母神とか大黒天とか竜王とか、そーゆー単モノを祀って、本尊よろしく
拝み立てるという教えは、一体何処の何奴(どいつ)の教えであるのか、と訊いておる。

果たして日向なのか。それとも日朝か、それとも日輝なのか。

日蓮大聖人曰く『此等の末法のために、教主釈尊・多宝如来・十方分身の諸仏を集めさせ給ふて
一の仙薬をとどめ給へり。所謂(いわゆる)妙法蓮華経の五の文字(曼荼羅)なり』と。

果たして『釈迦多宝の二仏を集約して一つの仙薬に留める』とは如何なる事か。
果たして其の「一つの仙薬」こそが、日蓮大聖人の御本懐たる大曼荼羅ではないのか。

よいか。

今こそオマエらは、別勧請(其々の仏菩薩・天人・畜生を形像にして一々礼拝する事)を以って本尊とする、
そーゆー文証を提示しなさい! そして、日蓮大聖人が其の御生涯に於いて、一尊四士及び天女・鬼神等を
造立安置して尊拝した、という文証を提示しなさい!

よいか。其れが出せねば十界別勧請は邪義邪流の本尊と相成る!

…其れにしても、猿田彦を祀って拝んでいるとは驚いた。哀笑

ところで、腹巻に曼荼羅の文字を書いて、それを妊婦の腹巻にして、安産を期待させるという教義は、
一体、どこから持って来たのだ。是れこそは水天宮などの別勧請ではダメなのか。

何? 恥かしながら、其の謂われは解からない、とな。哀笑

小鼻笑。そんなもなぁー、執行海秀が書いた駄本から調べてみなさいよ! 糞笑。

ったく、どーしようもない連中である。嗤。
 
》記事一覧表示

新着順:306/8138 《前のページ | 次のページ》
/8138