新着順:397/8138 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

法介氏

 投稿者:愚人  投稿日:2016年 9月25日(日)13時48分19秒 softbank126094242064.bbtec.net
  通報 返信・引用 編集済
   日蓮正宗が十如是を「仮諦読み」する理由です。

 御法主日顕上人猊下御説法

  十如是事 (2)

         平成元年六月三十日
         経王寺新築落慶法要の砌

 しかしながら、これは天台の法門であって、本宗では我々の命の実相の上から妙法を具現していくわけですから、我々の持って生まれた当体をもって、女は女、男は男、賢きは賢き、愚かは愚かなままで、そのまま妙法の命を顕すのであります。したがって、仮諦読みでいいのです。すなわち、我々の姿は仮の姿ではあるけれども、この仮の姿のまま凡夫身に妙法の仏性、仏の当体を顕していくという意義なのです。故に本宗においては、三諦読みに執われず、「如是相、如是性、如是体・・・・・・」と三回とも仮諦読みで読むのが通例であります。(大日蓮平成五年五月号57・58ページ)
 
》記事一覧表示

新着順:397/8138 《前のページ | 次のページ》
/8138