新着順:424/8136 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

愚人さん

 投稿者:法介  投稿日:2016年 9月24日(土)14時00分17秒 p1139105-ipngn200808fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  通報 返信・引用 編集済
  ちなみに、わたしの解釈は

百界と顕れたる色相は皆総て仮の義なれば仮諦の一なり

    一般世間で認識されるところの百界の相 (仮諦)

千如は総て空の義なれば空諦の一なり

    百界を形成しているのは十如是というカラクリであるので実体無しの(空諦)

三千世間は総じて法身の義なれば中道の一なり、

    五陰世間、衆生世間、国土世間が加わると言う事は、
    十界互具いずれかの境涯で働いた十如是によってもたらされた報い(宿業)が、
    五陰世間(身体や感性等々)をつくり、
    衆生世間(関わる人物等々)が決まり、
    国土世間(どこに生まれてくるか等々)が決まってくる。

    要するに、三千世間は現在の自分の姿であり、

    悩み苦しんでいる状態の自身の姿は仮諦で、
    仏の智恵に導かれて悟りを得た状態の自身の姿が中諦。

    よって而ニ不ニ。

というものです。
 
》記事一覧表示

新着順:424/8136 《前のページ | 次のページ》
/8136