teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


「イエスタデイ」には期待です

 投稿者:koba  投稿日:2019年 7月28日(日)23時31分37秒
  >LIFEさん
お久しぶりです。
「ターミネーター ニュー・フェイト」は映画館でも予告編の上映が始まっています。
個人的にはシリーズで面白かったのは、やはり第1作と第2作だと思っているので、「ターミネーター2」の正当な続編と謳っているのは嬉しいですね。
残念なのは、ジェームズ・キャメロン監督が「アバター」の続編の撮影に忙しくて、監督ができないこと。でも、製作に回っているので、キャメロン色はでるのではと思っています。
それに、サラー・コナー役のリンダ・ハミルトンの登場は嬉しいですね。
ただ、映画のヒットで人生を狂わしてしまったエドワード・ファーロングが、どんな感じで登場してくるのかは気になります。

「トップガン」も、確かに、今ここで続編とはびっくりです。
トム・クルーズの若さは相変わらずですが・・・。

LIFEさんの挙げられた「イエスタデイ」のことは知りませんでした。
ネットを見ると、監督は「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイルで、脚本が「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティスのコンビのようですね。
この二人の作品は好きなので、楽しむことができるのではないかと期待できます。
ビートルズのいない世界はどんな世界になるのでしょうか?
これは、ぜひ観に行きたいです。ご紹介ありがとうございました。
 
 

「ターミネーター:ニュー・フェイト」等

 投稿者:LIFE  投稿日:2019年 7月28日(日)18時30分10秒
   お久しぶりです>KOBAさん
 「ターミネーター:ニュー・フェイト」は、第2作の続編という内容で制作
されているようですね。
 ジェームズ・キャメロン監督がプロデューサーなのが、嬉しいところです。
 シュワちゃんは勿論のこと、リンダ・ハミルトン、エドワード・ファーロン
グも登場するとの事。YouTubeで予告編を観ましたが、期待できそうですね。

 「トップガン マーヴェリック」は、今頃続編が製作されるとは思いません
でした。(^^;;
 でも、予告編を観ても、かなり期待できそうです(トムが若いですね)。

 あと、個人的に期待しているのが、「イエスタデイ」です。主人公以外は
ビートルズを知らない世界に行ってしまうという、ファンタジーですが、
ビートルズの曲がたっぷり聴けるようで、これも面白そうです。

 他にも、オリジナルのメンバーが出るという「ゴーストバスターズ」続編
や、あのムチャクチャ映画の続編「アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲」
等々、この先も楽しませてくれそうな作品が目白押しですね。

 そうそう、少し前ですが、「ブルース・ブラザーズ」を久しぶりに観て
楽しませてもらいました。ミュージカルコメディーの傑作です。

                         LIFE
 

ボヘミアン・ラプソディ

 投稿者:koba  投稿日:2019年 5月13日(月)21時52分34秒
  >LIFEさん
正直のところ、私自身は曲は聴いたことはあるものの、クイーンのファンではなかったのですが、「ボヘミアン・ラプソディ」の評判を聞いて観に行って感動してしまいました。
ラミ・マレックという役者さん、見事にフレディ・マーキュリーを演じきっていましたね。さすがは俳優で食べているだけあります。
この映画のおかげで、クイーンを知らなかった若い世代にもファン層が広がったのではないでしょうか。。
私もつい、今回発売したブルーレイを購入してしまいました。

映画ではそれほど売れる前に、日本に演奏に行ったということだけは語られていましたね。
 

「ボヘミアン・ラプソディ」

 投稿者:LIFE  投稿日:2019年 5月12日(日)23時52分17秒
   今晩は>KOBAさん

 「ボヘミアン・ラプソディ」のBlu-rayを観ました。
 なかなか優れた作品に仕上がっていると思いました。フレディ・マーキュリー役
の俳優ラミ・マレックが、実に好演していますね。
 ステージでのパフォーマンスも、限りなく完璧に近い状態でコピーしています。
 足を後ろに上げる仕草など、思わずそうそうと言ってしまいます。
 他のメンバーも、よくあれだけ似た俳優をそろえたと、感心しました。
 ライヴエイドは、やはり完全版が収録されていましたね。

 ただ、クイーンが未だ有名なバンドになる前に、最初に彼らを認めたのは日本の
ファンだという事は周知の事実。にも拘らず、それに関するエピソードが、まるで
描かれていないことには、若干奇異な感じを受けました。

                            LIFE
 

「ダイ・ハード」シリーズほか

 投稿者:koba  投稿日:2019年 3月31日(日)22時37分51秒
  >LIFEさん
お久しぶりです。投稿ありがとうございます。
「ダイ・ハード」シリーズは、やはり何と言っても高層ビルを舞台の1と空港が舞台の2の面白さが抜群で、それを超える作品を作るというのはかなりハードルが高かったのでしょうね。
黒澤監督の「七人の侍」は、もう別格という感じです。
「椿三十郎」で印象に強く残っているのは、三船敏郎演じる椿三十郎と仲代達矢演じる室戸半兵衛の戦いのシーンです。三十郎の居合いで切られた室戸から吹き出す血の描写は凄すぎです。
クイーンは、私自身それほど夢中で聞いたということはなかったのですが、映画の「ボヘミアン・ラプソディ」は感動しました。
クイーンの年代でない私の息子は、映画の評判を聞いて観に行ったのですが、感動して、その後4回も観に行きました。それからすると、クイーンというのは時代を超えたグループだったと言えますね。
 

「ダイ・ハード3」等

 投稿者:LIFE  投稿日:2019年 3月30日(土)23時43分3秒
   お久しぶりです>KOBAさん
 BSで「ダイ・ハード3」を放映したので、観る事が出来ました。
 シリーズの他の作品は一応観ているのですが、この3作目だけは、
何故か未見でした。
 実は、さほどの期待はしていなかったのですが、観るとなかなか
面白い作品でした。
 期待しないで観たが、面白さにのめりこんだ作品では、「エグゼ
クティブ・デシジョン」がありました。

 そういえば、「七人の侍」も良かったです。何故か本作も、今まで
観ていなかったのです。「荒野の七人」は、はるか昔にリバイバル上
映を観ているのですが。
 黒沢作品の時代劇で無類の面白さというと、個人的には「椿三十郎」
という事になります。無論、「荒野の用心棒」の元である「用心棒」
も傑作。それと、「スターウオーズ」が影響を受けたという「隠し砦
の三悪人」も印象深いです。
 「蜘蛛の巣城」での三船敏郎は、正に鬼気迫る演技でした。

 クィーンは、最後の日本公演がBlu-ray化されるようです。映画の
映像ソフト化も楽しみです(ライブの全編が入る可能性大)。

                        LIFE
 

明けましておめでとうございます

 投稿者:koba  投稿日:2019年 1月 2日(水)00時32分46秒
  >LIFEさん
昨年中は投稿をしていただき、本当にありがとうございました。
今年も少しずつですが、更新をしていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

昔の映画を観ると、出演している俳優が今では歳を取ったなあと思ってしまうのですが、そういう私たちも確実に歳を重ねていっているわけですよね。
ついつい、その映画を観た時代のことを振り返るような年齢になってしまいました。
ちょっと寂しい気もします。
 

謹賀新年2018

 投稿者:LIFE  投稿日:2019年 1月 1日(火)00時23分59秒
    本年も宜しくお願いします。

 今年も、なるべくサイトの更新をしていきたいと思っています。
 KobaさんのHPも、今年の展開を楽しみにしています。

 最近「バック・トゥ・ザ・フューチャー」3部作をBSで放映したので、久しぶりに
観る事が出来ました。
 同じくBSで放映された「ジェイソン・ボーン」も、楽しませてもらいました。
 トミー・リー・ジョーンズが出演していますが、彼がオスカーを手にした「逃亡者」
もBS放映され、久しぶりに面白さを堪能しました。
 久しぶりに観ると、(「スターウオーズ」を久しぶりに観た時のように)ハリソン・
フォードが(当然ながら)若いのに注目してしまいました。(^_^;


                             LIFE  
 

ボヘミアン・ラプソディ

 投稿者:koba  投稿日:2018年12月24日(月)21時56分59秒
  >Lifeさん
お久しぶりです。あっという間に今年も終わりを迎えようとしていますね。
「ミッション:インポッシブル フォールアウト」、ご覧になったんですね。
とにかく、トム・クルーズのアクションが凄い!というのが強く印象に残った映画です。
あれで、もう50歳も半ばを過ぎているというのですから、驚いてしまいます。
ジェレミー・レナーが登場しなかったのは残念ですが、その代わりがヘンリー・カヴィルということなんでしょう。
トム・クルーズのあの体力なら、まだまだシリーズは続きそうですね。

「ボヘミアン・ラプソディ」は、予想外の(といっては監督、出演者に失礼ですが)おもしろさでした。
公開から2ヶ月近くたちましたが、この三連休はこちらの地元の映画館でもいまだにかなりの混雑のようでした。
あの「スター・ウォーズ」でさえ、これほどの集客力はなかったですねえ。
今一度、大きなスクリーンで観てみたいです。
 

「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」

 投稿者:LIFE  投稿日:2018年12月23日(日)23時23分2秒
   お久しぶりです>KOBAさん
 「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」がBlu-ray化されて、やっと
観る事が出来ました。
 前作以上の出来栄えで、面白かったです。派手なアクションもさることながら、
このシリーズならではのトリックで、作品独自の持ち味を堪能させてくれます。
 トム・クルーズは、相変わらず若くて、見事にアクションをこなしていますね。
 ヘンリー・カヴィル(ついカルビと書いてしまいそうになります(^^;;)の出演
も、同作に貢献していました。
 ただ、今回はジェレミー・レナーが出ていませんでしたね。

 クィーンの映画「ボヘミアン・ラプソディ」が、世界的大ヒットをしています
が、私もLive AID等のコンサートが印象的だったのを覚えています。

                             LIFE
 

レンタル掲示板
/144