teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


スターウォーズ

 投稿者:koba  投稿日:2018年 5月 5日(土)23時55分49秒
  >LIFEさん
出かけていて、レスが遅くなってすみません。

「スターウォーズ 最後のジェダイ」は、公開前の予告編から、レイが暗黒面に落ちてしまうのではないか、カイロ・レンにに引きずり込まれてしまうのではないかと危惧されていたのですが、その結果はあのとおり。
カイロ・レンが次作でどうなるのか、非常に興味があるところですが、ちょっと演じている役者さんに引かれるところがないので、共感できそうもないです。
ルークは、当然のことですが年取りましたねえ。シリーズとしての、あの落としどころもやむを得ないところでしょうか。
キャリー・フィッシャーが亡くなってしまったのは、残念です。
来月には若きハン・ソロを描く「ハン・ソロ」が公開されます。
ハン・ソロを演じるのはオールデン・エアエンライクという新人のようなので、インパクトはいまひとつですが、「ローグ・ワン」のような本ストーリーにも負けない作品を期待したいですね。
 
 

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

 投稿者:LIFE  投稿日:2018年 5月 3日(木)23時58分35秒
   今晩は>KOBAさん
 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』をBlu-rayソフトで観ました。
 紛うことなき傑作ですね。2度続けて観る事等殆ど無いのですが、この作品は2
度観ました。
 傑作であると同時に、賛否両論といわれたようですが、私は純粋に楽しめました。
 例によって、ネットニュースからの情報も最小限に止める様にしていたのですが、
Yの出現は、分かってしまいました。(-_-)
 自分の映画のページにも、Forceとは、宇宙に偏在する“力”と書いているのです
が、まぁ、ルークの言わんとするところも、大方が納得出来るでしょう。
 その“力”には当然善悪など無関係なので、Dark Sideに落ちようが、問題なく使
えちゃいます。

 自己を犠牲にしてでも任務を達成する、或いは全体を救うという精神の発露は、
最初の3部作にも描かれていて、私が予想以上に傑作なので驚いた『ローグワン /
スターウォーズ・ストーリー』、そして今作でも描かれています。
 カイロ・レンとレイの葛藤、結びつきは、自作への期待度を高めています。
 キャリー・フィッシャーは、本当に残念です。
 ドレッドノートって、実在した革新的戦艦の名前ですね。確か「超弩級」が生ま
れる元になった戦艦です。

                           LIFE
 

キングスマン

 投稿者:koba  投稿日:2018年 4月30日(月)00時33分42秒
  >LIFEさん
「キングスマン」のあのグロさは、イギリス紳士を気取ったスパイとは落差が激しすぎます。
ミンチしたものをその後・・・というシーンは相当悪趣味です。
ともあれ、死んだはずだったハリーが、予想を超えた人気のため実は死んでいなかったということで再登場していますから、シリーズはまだ続きそうですね。

昨夜はスピルバーグ監督の「レディ・プレイヤー1」を観に行ってきましたが、映画の中のVRの世界では、監督自身の「ジュラシック・パーク」からティラノサウルスが登場したほか、キングコングも登場していました。
驚いたことに、日本の映画からもあるもの(ネタバレにならないよう伏せます。)が出てきましたし(それも有名な音楽付きです。)、アニメの有名なロボットキャラやアニメの主人公が乗っていたオートバイ、更には女の子に大人気のキャラも登場していました。
よほどスピルバーグ監督は日本のエンタメが好きなのかなと思わせるほどです。
子どもから大人まで楽しめるスピルバーグ監督らしいエンターテイメントに徹した映画でした。
 

『キングスマン: ゴールデン・サークル』等

 投稿者:LIFE  投稿日:2018年 4月28日(土)23時53分40秒
   今晩は>KOBAさん
 『キングスマン: ゴールデン・サークル』を観ました。
 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のBlu-rayソフトを購入する時、結局
ついでに購入しました。
 アクションは申し分ないですね。私としては前作より出来栄えがいいと思いまし
た。
 前作程は、残酷描写は多く無いのですが、私としてはあのミンチでも辟易もので
す。(^_^;
 昔だったら、今ほど気にならなかったでしょう。

 数か月前にBSで『キングコング:髑髏島の巨神』を観たのですが、個人的に一番
良かったシーンは、ラストにP51Mustang戦闘機のパイロットが、数十年振りに我が
家に帰還し、驚く妻や子供と再会するシーンです。
 ハリウッドは、荒唐無稽な物語をリアルに描くのが本当に上手です。
 その後に、お馴染みの怪獣のシルエット(?)が・・・・。

 『レディ・プレイヤー1』の公開で来日したスティーブン・スピルバーグ監督が、
子供の頃に観た『ゴジラ』の影響で『ジュラシック・パーク』を作ったと述べてい
ました(ファンなら既に知っている方も多いでしょうが)。恐竜が都会で暴れる第
2作などは、その影響がもろに出ている作品ですね。

                           LIFE
 

ウィンストン・チャーチル

 投稿者:koba  投稿日:2018年 3月12日(月)21時42分40秒
  >LIFEさん
辻さんは映画界から離れていたのに、ゲイリー・オールドマンから辻さんがメイクアップをしなくてはこの映画には出ないとまで言われたそうですから、凄い人ですよね。
本当にアカデミー賞受賞、おめでとうございます。
これで、また「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」を観たくなりました。今月末の公開が期待されます。

LIFEさんが観られた予告編では、やはり「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」の公開が待ちきれません。
主演のオールデン・エアエンライクがハリソン・フォードではないハン・ソロをどう演じるのかが大いに気になります。
チューバッカとの出会いも描かれるそうですし、スター・ウォーズファンとしては楽しみですよね。
 

「ウィンストン・チャーチル」他

 投稿者:LIFE  投稿日:2018年 3月11日(日)22時39分35秒
   今晩は>KOBAさん

 「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」のゲイリー・
オールドマンと辻一弘さんが、オスカーを手にしましたね。
 辻一弘さんは、「スターウォーズ」を観てハリウッドを目指したというので
すから、正に夢をかなえてしまったわけです。
 同作は、去年から注目していた作品で、「ダンケルク」とも関連があります。
 そういえば、「ダンケルク」も音響編集賞等を受賞していますね。

 「ブレードランナー 2049」も又、視覚効果賞等を受賞。意外とBSに流れて
くるのも早そうなので、「ダンケルク」同様それまで待ちます。

 そうそう、マーク・ハミルは、ハリウッドの殿堂入りを果たしました。

最近観た予告編
『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』90秒予告 1:39
https://www.youtube.com/watch?v=GodU9xUtqLI
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』日本版予告 第2弾 (2018年)2:28
https://www.youtube.com/watch?v=DjHq3dfTW5o
『ミッションインポッシブル6』日本版予告 (2018年)2:52
https://www.youtube.com/watch?v=jrFprCDAIqQ
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』最新予告 1:30
https://www.youtube.com/watch?v=x2Knk5eIHx0
『さよなら、僕のマンハッタン』予告編 1:00
https://www.youtube.com/watch?v=MO9sQKQc09I

蛇足
 昔、チャーチルの著書を読んだことがあるのですが、彼が日本海軍のパール
ハーバー奇襲攻撃の情報を得た時、彼は、これでイギリスが負ける事はない、
日本は、ガラスの如く粉々にされるだろうと言っています。
 彼は、ヒトラーを倒すのなら、悪魔とでも手を結ぶと述べたそうですが、な
るほど彼は、独ソ戦勃発後、大嫌いだったソ連と手を結んでいます。

                      LIFE
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:koba  投稿日:2018年 1月 1日(月)11時35分34秒
  >LIFEさん
今年は昨年以上に更新をしていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。
映画も昨年以上の本数に挑戦です。
まずは、LIFEさんも興味を持たれている「キングスマン ゴールデン・サークル」ですね。
正月明けには観に行こうと思います。
「ジュラシック・ワールド」もスピルバーグの新作も期待したいです。

2月にDVDレンタルされる「ハイドリヒを撃て」も楽しみにしています。
ナチスのラインハルト・ハイドリヒ暗殺作戦を描いた作品ですが、大学生の頃観た同じ題材を描いた「暁の七人」が今でも強く印象に残っています。
「暁の七人」と比較してどうなのか、気になるところです。
 

謹賀新年2018

 投稿者:LIFE  投稿日:2018年 1月 1日(月)00時23分42秒
     本年も宜しくお願いします。

 今年も、なるべくサイトの更新をしていきたいと思っています。
 KobaさんのHPも、今年の展開を楽しみにしています。

 今年公開される映画では、「ウィンストン・チャーチル ヒト
ラーから世界を救った男」、「キングスマン:ゴールデン・サー
クル」、「ジュラシック・ワールド/炎の王国」、スピルバーグ監
督の「レディ・プレイヤー1」等に興味があります。

 私は、昔から「スター・トレック」のファンでしたが、次回の
作品は、タランティーノ監督とJ・J・エイブラムス監督が協力し
て制作されるようですので、そちらも期待しています。

                    LIFE
 

スター・ウォーズ

 投稿者:koba  投稿日:2017年12月18日(月)21時51分55秒
  >LIFEさん
「ローグ・ワン」は面白かったですよね。
私の家族の中でも、かなりの高評価でした。
ああいうラストとはもちろん知らずに観に行ったのですが、感動してしまいました。
ちょっと、シリーズ作品とは違う感動作でしたね。
思わず、DVD化されたときに購入してしまい、改めて観て感動の余韻に浸っています。

「最後のジェダイ」には、「フォースの覚醒」のラストで顔を見せたルーク・スカイウォーカーも本格的に登場し、シリーズファンとして嬉しい限りです(それに、「スター・ウォーズ」には欠かせないある人物も登場したのにはびっくりしました。)。
当然のことながら、マーク・ハミルもキャリー・フィッシャー同様、若い頃の面影もほとんどないくらい年老いていました。時の流れを感じさせます。
キャリー・フィッシャーは亡くなってしまったし、シリーズの掉尾を飾る次作がどうなるのか気になるところです。
 

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」を観ました

 投稿者:LIFE  投稿日:2017年12月17日(日)22時03分17秒
   今晩は>KOBAさん
 やっとBSで放映した、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」を
観ました。
 高評価を得ていた作品だけに、期待して観ましたが、全編シリアスな展開と、
ファンを喜ばせる戦闘シーン、それにダースベーダーやレイア姫も登場となれば、
評価が高いのも頷けます。
 主人公や、彼女と行動を共にする者達は、結局思っていた通りの運命を辿るの
ですが、これがまた、ジンと父親の再会と別れのシーン共々、観る者の琴線に触
れるんですね。
 しかも、これが「Episode IV」と、その後の3部作への、いわば序曲となって
いるのですから、私の様な古くからのファンにもたまらない作品となっています。
 エンドロールを眺めながら、久し振りに、「映画を観た」という気分になりま
した。

 「最後のジェダイ」は大ヒット間違いなしで、傑作と言われ、ジョージ・ルー
カスも満足しているとのコメントを出していますし、若きハン・ソロの物語も控
えているので、SWはこの先も楽しい夢を見せてくれそうです。

                         LIFE
 

レンタル掲示板
/142