teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 整数論を語る(2334)
  2. 自然派のお庭(1151)
  3. 懐メロ(43)
  4. 映画音楽(82)
  5. ペルー旅(2)
  6. JAZZを語る(76)
  7. POPS(52)
  8. クラシック音楽(16)
  9. フォークソング(30)
  10. 足あと帳(23)
スレッド一覧(全10)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ありがとぉ

 投稿者:のうほうく丸機関長  投稿日:2017年 9月23日(土)13時21分2秒 gp-cm67-0571.lcv.ne.jp
返信・引用
  結構な難産(微弱陣痛)で36時間苦しんだあと陣痛促進剤を注射して無事出産
体重4045グラム(予定日より5日早い9月13日)デケェっ?!
 
 

Re : 孫

 投稿者:あきら  投稿日:2017年 9月22日(金)18時51分3秒 120-51-144-28.nagano.fdn.vectant.ne.jp
返信・引用
  よかったね!
とりあえず
おめでとうございます。
 

 投稿者:のうほうく丸機関長  投稿日:2017年 9月22日(金)18時05分1秒 gp-cm67-0571.lcv.ne.jp
返信・引用
  やっと生まれたゎ。  

そうかも

 投稿者:ふるた  投稿日:2017年 9月17日(日)11時56分15秒 p591234-ipngn502yosida.nagano.ocn.ne.jp
返信・引用
  >世の中少し力を取り戻してきたのかなぁ~?

さっき車の6ヶ月点検にカローラのお店に行ったら ぶどうを一房くれた。
バブルの頃はいろんなものをもらったがこの頃はなーんもくれなかった。
無料のドリンクバーもできていて。

松本に新しいイオン(旧ジャスコ)が昨日オープンして渋滞が酷いらしい。
 

またセミナーやることになった

 投稿者:のうほうく丸機関長  投稿日:2017年 9月13日(水)17時43分36秒 gp-cm67-0571.lcv.ne.jp
返信・引用
  https://www.rdsc.co.jp/seminar/171184

世の中少し力を取り戻してきたのかなぁ~?
ゆとりができ始めるとセミナー参加者が増えるだ。
リーマンショックから立ち直って来てるのかも?
北朝鮮問題でアメリカの株が下がって来ていて
安定してる日本経済を世界が頼りにし始めた…と言う分析もあるくらいだから。
 

いや まあ

 投稿者:まさを  投稿日:2017年 9月10日(日)01時57分40秒 softbank126075086049.bbtec.net
返信・引用
  ふるた君 言語感覚鋭いよ。小野の長持ち歌に寂寥感を感じたり、だから言語感覚とも言えるが寧ろ感受性が鋭いと言った方がいいかも。後で話すけど言語感覚には全く鈍いやつもいるから。

機関長の挙げた例で言えば(自分の例は置いといて)「蛍の光」 映画評論家で東大学長(総長かな)まで務めた男蓮実重彦(こいつの母方の爺様が小野出身。だから彼は戦時中小野に疎開してそこから岡谷や上諏訪に映画を観に通ったらしい。ちょっと嫌味なところがある人だけど)彼が「蛍の光」を聞いたとき「あけ~てぞけさ~はわかれゆ~く」という歌詞を聴いたとき、「ぞけさたちがどこか戸を開けてそこからぞろぞろ左右に別れて行く姿」を想像したと言う。

昔お庭で独我論を恐る恐る語ったことがあった。他人はロボットかもしれない(これは小4の頃手塚治虫の漫画を読んでいて実際に感じたことである)という風な単純な語り方をしてしまった俺にも非があったと思うが、日常感覚、日常言語だけに基づいて「まさをくん、他人ているんだよ(ロボットなんかじゃないんだ)」と反応されたのには本当にびっくりした。哲学の歴史で独我論が残り続けているのは何故かなど全く考えられてもいない。(そもそもデカルトさえ読んだことはないのだと思う)デカルトの「私」は置いといて、ウィトゲンシュタインの独我論は自分と他人には絶対的が隔絶があるという事実(?)に基づいて語られている。だがそれは「語られ得る事実」であろうか。だって「自分と他人とは絶対的に隔絶されている」と語る時点で既に、他人たちも自分と同じ在り方をしていることを前提してしまっているではないか。ひょっとして俺以外の他人たちは全て一つの意識を共有しているかもしれないではないか。

長くなるのでこのくらいにしておくが、彼の場合言語感覚の鈍さ(実際鈍いが)というより、何かものを自分で考えるということへの執着がある訳ではなく、単にフロイト的問題かもしれない。「何を」言いたいかではなく、「言いたい」ということが優先しているのだろう。彼の言説が世の価値観を全く疑わないのもその故だろう。どこかに絶対正しいことがあると思っている(小学校教師にありがちなことだが)とか右翼的というか天皇制擁護であるのもそのためだろう。

ともかく俺が偉そうに言うのも何だが、ふるた君の言語感覚は鋭いと思うよ。
 

re:初めて気がついて

 投稿者:のうほうく丸機関長  投稿日:2017年 9月 9日(土)12時44分21秒 gp-cm67-0571.lcv.ne.jp
返信・引用
  オレも一杯あるゎ。

♪ウ~サァギィ~美味しぃ~彼の山ぁ~
「美味しぃ」じゃなくて「追いし」だったし…
オラェではよくウサギの肉食ってたもんで…速攻「美味しい」に行っちまった。

♪追ゎれぇ~て見たのぉはぁ~何時のぉ日ぃかぁ~
「追ゎれぇ~て見た」…トンボが人間をからかっていたのかとオモタら
「(背)負われて見た」だったゎ。
 

かいかぶりです

 投稿者:ふるた  投稿日:2017年 9月 8日(金)21時14分6秒 p591234-ipngn502yosida.nagano.ocn.ne.jp
返信・引用
  まさをくんが褒めてくれるけどそんなんじゃないんです。
自分の無知をさらけ出しているだけ
当然みんなが知っているだろうことを初めて気がついて、目から鱗という状態になったのが自分なりに嬉しくて恥を忍んで書き込んでいるだけです。

まさをくんの好きなタモリが身振りしながら「道に倒れて誰かの名を ってすごい歌だよな」と言っていたので歌詞を見たら途だったというだけ。

最近では NHKの名曲アルバムで 「椰子の実」をやっていて
その中の
「もとの樹は生ひや茂れる 枝はなほ影をやなせる」
この やなせる の意味がわからない 辞書引いても出ていない

調べてやっとわかった やなせる ではなく 枝はなほ影をや、なせる
「や」は疑問の意の係助詞で 影をなしているだろうか? という意味。
よって 生ひや茂れる は 生い茂っているだろうか?

この歳になってこのザマさ 笑ってちょうだい。

もうひとつ恥を
「仰げば尊し」の 思えばいととしこの年月 の いととしを 愛おしいの言い換えだとつい最近まで思っていた ほんとは いと疾し だった。
 

 投稿者:まさを  投稿日:2017年 9月 8日(金)04時50分8秒 softbank126075086049.bbtec.net
返信・引用
  子どもが成人した。無論今でもかわいい。が、どうも幼児期のかわいさとは違う。全面的にこちらを頼っていたいたいけな姿とはちょっと違う。子どもと言えども多少他人化する。妻のまんこを舐めることはできても、まさか娘には・・・ まあだからと言って妻が最も近しいかは議論の余地があるが(それ以前にそれが議論に乗るテーマかすら分からない)

何だろうか、存在の垣根を越えるというか、まだ自我がはっきりしていないが故のかわいさとでも言うか。大人になって自我がはっきりした後の他人との融合体験はセックスだろうが、いざペニスを抜去した日常では、妻も他者である。「たまには掃除しろ」だの色々言ってくる。

似非フロイト的解釈。幼児期の子どもが余りにかわいかったのは、我々の自他融合の世界を(擬似)体験するからではないのか。二度と戻らないあの世界を。俺もあきら君のお孫さんのような思い出がある。後から聞かされたのだが、池に座布団を投げ入れたそうだ。何を思っての行動だったかの記憶は全くない。この世の価値などという鬱陶しいものは全く入っていない。つまりまだ言語に汚染されていない状態かもしれない。我々は言葉を「うんこは美しくなく、桜は美しい」という前提の元で言葉を覚える、そうしなければ言葉を使えるようにはなれない。言語というのは一種のイデオロギーなのだ。

靴や座布団を川や池に投げ込んではいけない。何故? もちろん親やジジはそういうことは「いけない」ことだと教えざるを得ない。親自身にもそんなことはどうでもいいことをどこかで知っているのだが、この子がまともに(まともとは何か?)生きていくためにはそういう観点をとった方がいい(功利的観点)をとるからだ。
 

Re : 孫について

 投稿者:あきら  投稿日:2017年 9月 6日(水)23時21分10秒 120-51-144-28.nagano.fdn.vectant.ne.jp
返信・引用 編集済
  俺の孫はそろそろ3歳になる男の子。
先日、白樺湖の八臣の雫(やおみのしずく)という湧き水のある場所に孫を連れて行った。

孫は履いていた靴をいきなり脱いで池に放り投げてしまった。
「こら一聖!靴を投げたらだめだよ」
と言っても聞き分ける孫ではない。
当然拾うのはじいちゃんの仕事だ。
仕方なく俺も靴を脱いで孫の靴を拾いに行く。
今度はじいちゃんの靴を池ぽちゃしようとする。
俺は孫にからかわれているだ。

ふるた君のお孫さんと違って俺の孫は悪ガキだ。

 

レンタル掲示板
/204