投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


美しき糸を紡ぎぬ秋の蜘蛛

 投稿者:  投稿日:2017年10月18日(水)23時55分28秒
返信・引用
  昴さん、こんばんは♪

有難うございます\(^o^)/褒められて育ちます。
柴又の山本亭、知らなかったのでネットで検索しました。素敵なところですね。
お部屋の使用料も安いし、句会に使ってみたいです。
懇親会あとが大変でしたね、私は閉所恐怖症なので想像するだけでも心がザワザワします。

  臥龍めく色変へぬ松帝釈天
  埋めつくす堂宇の木彫り秋湿
  肌寒の傘さす中の小宇宙

いや~参りました<(_ _)>・・・特に「臥龍めく」は格調高く昴さんらしいです。
挨拶句としても、秀句ですね。
「肌寒の傘さす中の小宇宙」私は特選で頂きますよ・・・ぱちぱちぱち

失礼を承知で申し上げますが、別人28号かと思いました(^_^)v



 

陽を浴ぶる秋の蜘蛛の囲雨しづく

 投稿者:  投稿日:2017年10月18日(水)08時40分2秒
返信・引用 編集済
  桜さん、皆さん、お早うございます。
今日は久しぶりの太陽にお目にかかり爽やかな朝を迎えることが出来ました。
桜さんの俳句手帳、私も一押しは一歩さん同様の「再会は頷くばかり青蜜柑」ですね。
桜さんの俳句に感心しますのは、心象風景を上手に詠み込んでいるところです。
私は鈍感の為でしょうか、いつも苦しんでいます。

先の月曜日は、カルチャースクール20数名の吟行会がありました。
場所は柴又界隈、12月の肌寒さの雨の中の吟行でした。
句会場は山本亭、国内第3位の庭園を眺めながら、薄暗い和室での4時間でした。
結果は、ご想像に任せますが、吾が駄句3句は次の通りです。

  臥龍めく色変へぬ松帝釈天
  埋めつくす堂宇の木彫り秋湿
  肌寒の傘さす中の小宇宙

懇親会は駅前の養老の滝、帰路はダイヤの乱れで千代田線の車中に1時間以上閉じ込められた次第。
 

ささやかな楽しみ一つ秋桜

 投稿者:  投稿日:2017年10月17日(火)00時03分45秒
返信・引用
  一歩さん、こんばんは♪

「俳句手帳」読んで頂き、超嬉しいです\(^o^)/
明日は超結社の句会があるので、励みになります。
俳句の特訓ですか!いえいえ、全く俳句とは縁のない生活をしていました。
句友に交通事故に遭った人がいます。大事故だったらしく、以前どおりの生活が
危ぶまれましたが、彼女はその時の心境を「俳句があったので、救われた」と言っています。
俳句に限ったことではありませんが、生き甲斐、とはそんなものなのでしょう。
私の生きがい??この年になっても未だ分からないのです。
それこそ、ささやかな喜びが生き甲斐になるかも知れませんね。

 

未来とはささやかなもの秋桜

 投稿者:一歩  投稿日:2017年10月16日(月)14時10分52秒
返信・引用
  桜さん、みなさま、こんにちは。

桜さんの「俳句手帳」、久しぶりに拝見しました。上手いですね。深いですね。
1年3ヶ月前より、気持を抑えて、シンプルに詠んでいらっしゃるように感じました。
(ちょっと生意気で、失礼!)
特に、私は「その先を言はさぬやうに檸檬切る」「再会は頷くばかり青蜜柑」が好きです。
「少しづつ不器用になるいぼむしり」もいいかな。
桜さんはお休みの間、俳句の特訓をされていたのではないですか?
 

身に入むや参道の狛仔を抱きぬ

 投稿者:  投稿日:2017年10月16日(月)00時20分44秒
返信・引用 編集済
  一歩さん、進さん、こんばんは!!
このところ、寒いですね~。
私もファンヒーターを点けています。
お二人ともよく散歩されて感心ですね。私も散歩を日課にしたいのですが、
暑いの 寒いのと言い訳してサボってばかりです。

桜餅のHP、今まで利用していたホームページサービスが終了し、掲示板以外は更新出来なく
なりました。
なぜ更新出来ないのか、いろいろ調べて分かったような、分からないような・・・?
取りあえず、毎月更新していた「俳句手帳」(これは結社に毎月投句する句群)だけは
掲示板に載せることにしました。
お暇なときに読んで下されば、すごく嬉しいです(*^_^*)

 水の秋

その先を言はさぬやうに檸檬切る
駒留めの柵越えてより大花野
言の葉を紙面に落す水の秋
丁寧な言葉を疎み牛蒡引く
少しづつ不器用になるいぼむしり
再会は頷くばかり青蜜柑
触れて読む石文昏し木の実降る
 

木の実降る参道を掃く杉の枝

 投稿者:  投稿日:2017年10月15日(日)19時53分26秒
返信・引用 編集済
  桜さん、一歩さん、こんばんは。

私の散歩コースにも時折「お花只でさし上げます」との張り紙のそばに
庭で咲いた花を束ねて水桶に挿しておく方がいらっしゃいます。
皆さんよくもらって行かれるようですよ。

今朝方、やはり散歩時に寄る愛宕神社の銀杏でよごれた石畳の参道を
杉の枯れ枝を拾い掃いてきました、

睦子さんの川柳

野暮用が翼をつけて飛んでゆく
情報の波に飲まれてアップアプ
 

ごろごろと只で上げますてふ糸瓜

 投稿者:一歩  投稿日:2017年10月14日(土)13時17分44秒
返信・引用
  桜さん、みなさま、こんにちは。

今日は、ばかに寒いですね。来週の月曜、我孫子の最高気温の予測は13度だそうです。
寒がりの私は、今、しまい忘れた部屋のファンヒーターに火をいれました。
あ~~気持ちいい。 と言いながら、今朝は久しぶりに、2時間弱の散歩をしました
傘を差して、結構厚着?をして行ってきました。
と・・ある農家の庭で、「只で差し上げます」の張り紙の下、何本もの大きな糸瓜が
並んでいるのを発見。(写真をとればよかったのですが)
頂こうかなと思ったのですが、処理するのも大変そうなので、
そのまま置いてきました。もう「糸瓜の疑問」はすっかり解けました。
(少々、古い話題となりましたが)
 

キャンパスの白きテーブル木の実降る

 投稿者:  投稿日:2017年10月13日(金)22時27分54秒
返信・引用
  進さん、こんばんは!
 魚の箱に一杯の銀杏ってすごい量ですね。
ちょうど今頃だったと思います、芸大の美術展を見に行き、上野公園を抜け
駅に向かう途中、銀杏がたくさん落ちていましたが、素手では拾えませんでした。
銀杏の実は土に埋めて腐らせる、と聞いています。
進さん、箱一杯の銀杏を埋めるのは、さぞ大変でしょうね。

↓睦子の空の部屋より

言葉遊び
       川柳もどき
〇 受け継ぐは螺旋状のDNA
〇 遺伝子を受け継ぐ子らの幸不幸
〇 持て余す退屈な刻ゆうらゆら
〇 安らぎを運んでくれる彼の声
〇 何ごとも希望通りにいきません

                           17/06/24
 

店閉めてから銀杏の荒仕事

 投稿者:  投稿日:2017年10月11日(水)17時19分32秒
返信・引用 編集済
  いくらでもすきなだけどうぞと、掃き掃除をしていた造園業者の方の
お許しを得て魚の箱にめ一杯入るだけ頂いてきました。
これから干す段階までがたいへん、いやはや、かみさんはあまりいい顔して
いませんでした。
 

混ぜご飯に杜で拾った銀杏を

 投稿者:  投稿日:2017年10月10日(火)20時42分44秒
返信・引用 編集済
  桜さん、昴さん、こんばんは。

雲助うどん、昴さんの言った通りです。太目のうどんに山菜、鶏肉が入ってボリュームたっぷりで
それに黒ちゃん玉子(大涌谷の地熱で茹であげた卵)が付いていました。
力仕事をする雲助のイメージが湧いてきました。

お握りの具で一番好きなのはタラコ(無色のうんとしょっぱいのが)、
次はおかかです♪

小田原にてN700系
 

サプリメントのFAX届く秋の昼

 投稿者:  投稿日:2017年10月10日(火)00時53分54秒
返信・引用
  昴さん、こんばんは(*^_^*)

秋刀魚の佃煮風煮込み、美味しそうです。
多分生姜が入っていますね!
料理の土井先生、大阪弁が優しくて素敵な先生です。
私はお父様の土井 勝さんの時からファンでした。
未だ健在だったころ、「おむすび」の握り方について
「結ぶ」と言う思いやりの心の有りようを話されていました。
でも私は、丸いお結びが上手く握れず、きっちり正三角形になります。
B型なのに几帳面な一面もあるのです・・・(*^_^*)
 

バス降りて人の香りの秋時雨

 投稿者:  投稿日:2017年10月10日(火)00時31分42秒
返信・引用
  進さん、こんばんは~♪

箱根の旅、良かったでしょうね!!
雲助って初めて聞きました、「追剥」は知ってますよ(^_^)v
昨夜、深夜ラジオで落語を2席聴きました。「猫と金魚」「のっぺらぼう」
「のっぺらぼう」はおなじみの落語なので、怖い噺だと知ってはいたのですが
(私はホラーや怖いのが大の苦手なの)つい怖いもの聞きたさの誘惑にまけて聴いてしまいました(T_T)
猫と金魚は、昔の漫画「のらくろ」の作者が書いたもので、コミック調で軽く笑えました。

私が好きだった落語家「柳家喜多八」は昨年6月に66歳歳の若さで逝去しました。
小三治の一番弟子だったと思います。いぶし銀の持ち味で、テレビにはあまり出なかったの
ですが、上手い噺家でした。もう一度高座を見たかったです

 

秋の昼カレーうどんの独り飯

 投稿者:  投稿日:2017年10月 7日(土)06時40分17秒
返信・引用 編集済
  桜さん、進さん、皆さん、お早うございます。
進さんの箱根旅、紅葉前の静かさを感じます。
「雲助うどん」とは、初めて聞きますが、どんな味なんでしょうか。
きっと、うどんが太いとか、具が豪快に入っているとか、ワイルドなんでしょう?
箱根への機会がありましたら、楽しみにしています。

ところで、今年は新秋刀魚の機会に恵まれません。
過日、家内は生協から冷凍の秋刀魚をどっさり買い込みぶつ切りにし、佃煮風に煮込みました。
NHK料理番組の土井先生のレシピのパクリでしたが、まずまずの出来で食が進みました。

 

秋時雨雲助うどん食う箱根

 投稿者:  投稿日:2017年10月 6日(金)07時52分8秒
返信・引用 編集済
  おはようございます。

雲助って江戸時代に、宿場や街道において荷物運搬や川渡し
駕籠かきに携わった人足のことだって。
雲助=駕籠かきの悪いやつのイメージしか持ってなかったけど

関所
 

自転車にさんま積んでて冷やかさる

 投稿者:  投稿日:2017年10月 4日(水)07時39分6秒
返信・引用 編集済
  いつまでベンツに乗ってんだよ~だって、魚市場で(^○^)

桜さん、昴さん 皆さん おはようございます。

カルチャーの殺し文句にひきずられ

はてどなた床屋の鏡に居るお方

何をしに?二階に上がること二回

いやー!うまいなー、かみさんにも見せたら感心していました。

先日、箱根に行ってきました
 

一合で足りるほろ酔い虫集く

 投稿者:  投稿日:2017年10月 3日(火)23時19分7秒
返信・引用
  一歩さん、こんばんは\(^o^)/

サラリーマンのお昼はお蕎麦が多いようですね。食べる間も惜しんで
仕事に戻るのでしょうか?それとも毎日の事で考えるのが面倒なのかしら?
それに比べて、奥さま方のランチは結構なボリウムで時間も長いです(*^^)v

一歩さんの川柳・・・思わずクスリと笑ってしまいました♪

「はてどなた床屋の鏡に居るお方
「ロボットの苦手なものに恋患い」
「待つことも待たれることもない暮らし」

何をしに?二階に上がること二回 桜

 

一電車遅らせ駅の走り蕎麦

 投稿者:  投稿日:2017年10月 3日(火)22時43分15秒
返信・引用 編集済
  昴さん、こんばんは(*^_^*)

昴さんならではのグルメ情報、有難うございます。
美味しい蕎麦と聞けば見逃すわけには参りません。
駅蕎麦、まだ入ったことがありませんが上品な女性客・・・ならば私も(^_^)v

http://www.edosoba-hosokawa.jp/oshinagaki.html

「江戸蕎麦」らしく穴子天も美味しそうですね!!

知り合いに趣味でお蕎麦を打っている人がいます、その方に、細いのと太い田舎蕎麦とでは
どちらが好みか聞かれました。私は断然細いのが好きです。
蕎麦を細く均等に切るのは、なかなか難しいらしく、届かないところをみると
未だ、練習中でしょうか(^_-)-☆





 

何百年墜落もせぬ蜻蛉かな

 投稿者:一歩  投稿日:2017年10月 3日(火)21時45分44秒
返信・引用 編集済
  桜さん みなさま こんばんは。

川柳いいですね。私も時々川柳を作ります。

「はてどなた床屋の鏡に居るお方」一歩 (お題「鏡」)
「ロボットの苦手なものに恋患い」   (お題「ロボット」)
「待つことも待たれることもない暮らし」(お題「待つ」)
そういえば、私の今日の携句も川柳っぽいかな。

昴さん、良いお蕎麦屋に行かれたのですね。聞くからにおいしそう!
サラリーマンのころは、毎日のように蕎麦屋に出かけたのですが、
退職後は、とんと。最近、蕎麦屋は、旧友とお酒を飲むときぐらいかな。
このごろは旧友も少なくなってきたし・・・気を取り直して、「江戸蕎麦ほそ川」
にチャレンジしてみようかなと思いました。
 

老舗店ほど噛みしめる今年蕎麦

 投稿者:  投稿日:2017年10月 3日(火)17時49分54秒
返信・引用 編集済
  桜さん、皆さん、今晩は。
睦子さんの数え歌、川柳もどき、感性の豊かさを感じます。
当方は感性が鈍く、いつも句づくりに苦労の連続です。

今日、都内の所用がてら、念願の「江戸蕎麦ほそ川」で昼食を摂りました。
都内へ出かけた時の昼食の指定席は神田駅構内の駅蕎麦のワンコイン「かき揚げ蕎麦」です。
此の蕎麦店は小奇麗で椅子席もあり良く愛用しています。上品な女性客も多く見受けます。

「ほそ川」は、両国の江戸東京博物館の裏手方面にあり、ミシュランに選ばれた蕎麦店と記憶していましたので、機会を狙っていたところです。
開店は11時45分、月曜休み、店内は落ち着いた小奇麗な佇まい、各テーブルには季節の草花等が置かれていました。
座席に余裕があっても最初は10人程度をの客を入れ、その進み具合に応じ数人ずつ案内しています。その間、客は外の椅子席で待ちます。
感心したのは、お茶、蕎麦の盆セット、蕎麦、てんぷら、蕎麦湯を出すタイミングが絶妙でした。
因みに、食した蕎麦は、あなご天蕎麦セット2,650円でした。いつもの5回分の贅沢でした。
詳しくはWebにてご確認ください。


 

言の葉をサイトに落とす水の秋

 投稿者:  投稿日:2017年10月 2日(月)00時31分7秒
返信・引用 編集済
  皆さま、こんばんは♪
桜餅で知る人ぞ知る「睦子さん」のお許しを得て、私の好きな言葉をアップします。

数え歌

 バスのなかでのことだ。隣に座った30代ぐらいの女性が、指折り数えていた。
どうやら、5. 7. 5のリズムで指を折っているようだった。
俳句か川柳を詠んでいるのだろうか。
思わず私も、 タタタタタ タタタタタタタ タタタタタ、と指を折ってみた。
なにも生まれては来なかったけれど、5. 7. 5が弾んでいた。

                          17/04/15
無題

 今週は書くことが、なにひとつなかったので、代わりに川柳もどき↓を詠んでみました。

○ 閻魔様決済多く疲れ気味
○ お天気屋晴れのち曇りのち嵐
○ カルチャーの殺し文句にひきずられ

                          17/04/22

↑は睦子の部屋の中の「空の部屋」より転載しました。
私にはマネの出来ないクールな睦子さんの世界をお楽しみ下さい。


 

苦瓜のアーチ残りし父母の家

 投稿者:  投稿日:2017年 9月23日(土)23時46分6秒
返信・引用 編集済
  一歩さん、ワシモさん、こんばんは♪

お二人の問答、とても愉快でした\(^o^)/
『へ』と『ち』の間にあるので『へちま』・・・なるほど!
糸瓜の花は南瓜の花に似ていますね、
野菜の花はどれも美しく、健気な感じがします。

アーチ残りし、残れる?う~ん、文語は難しいです。

父が健在だった頃、鹿児島の家では(現在は空家になっています)
苦瓜を栽培していて、半円形のドーム?アーチ?にたくさん成っていました。
二人暮しで、あんなにたくさんどうするのかしら?と思って母に尋ねたら
母いわく、「お父さんが作りたいから・・・」
ワシモさんのご近所の奥さまと同じような答えでしたよ(^_^)v

一歩さん
ぽんぽんダリアは可愛いですね(*^_^*)

大いなる子規の横顔星流る 桜

今から九年前の秋、子規庵を訪れた際、庵の黒板塀の修復工事の募金をしました。
プレートに私の名前が刻んであります。行かれることがありましたら、探してみて下さい。
その時、子規庵保存会から 大いなる子規の横顔の切手と当時子規庵のメンバーだった虚子や
碧梧桐等46人の集合写真の復刻版を頂きましたよ!!いいでしょう(^_-)-☆





 

ぷいと横ぽんぽんダリアを想い出す

 投稿者:一歩  投稿日:2017年 9月23日(土)22時15分28秒
返信・引用
  桜さん ワシモさん こんばんは。

ワシモさん、早速のお返事ありがとうございます。ベスト・アンサーですよ。
取材された主婦の方の「でも70歳になって、はじめて食べてみました」で、
私は全てを納得しました。それにしても、取材の強さ、事実(発言)の重みを
改めて知りました。ありがとうございました。
 

糸瓜棚あって祖父母の元気かな

 投稿者:ワシモ  投稿日:2017年 9月23日(土)09時18分9秒
返信・引用 編集済
  桜さん、皆さん、おはようございます。
一歩さん、近くに糸瓜を栽培している家が有ったので、訪いを入れて
『どうして糸瓜を栽培しているのか』たずねてみました。
『そういえば、何ででしょう・・・、主人が植えてますの・・・』
『でも70歳になって、はじめて食べてみました。ズッキーニみたいで美味しかったです。』
と奥さんがおっしゃいます。植えるのが目的っていう側面がありそうです。
蛇足ですが、本来の『いとうり』が『とうり』になり、『と』はいろは歌の
『へ』と『ち』の間にあるので『へちま』と言われるようになりました。

http://washimo-web.jp

 

重いのか軽いのか糸瓜の緑

 投稿者:一歩  投稿日:2017年 9月22日(金)23時11分46秒
返信・引用
  桜さん、ワシモさん、こんばんは。

そういえば、昔、我が家に糸瓜の棚がありました。
(もう60年も前に)
でも、糸瓜ってたべるのですか?
食べた記憶はないな。では出来た糸瓜どうしていたのかな。
糸瓜スポンジがそんなに沢山ころがっていたようにも思えないし。
今でも、ワシモ家のように糸瓜を栽培しているのを見かけますよね。
何の目的?俳句の句材?
私にとって、糸瓜は「永遠の不思議」です。
 

気に入りのピアス片方水の秋

 投稿者:  投稿日:2017年 9月22日(金)00時03分40秒
返信・引用
  ワシモさん、こんばんは♪

糸瓜スポンジは自家製だったのですね。
最近、私はTVショッピングで現代版糸瓜スポンジを買いました。
素材は浴用に相応しい檜で出来ており、しかもマサメなの。
お杓文字の柄を長くしたような形で、何と「白馬のたてがみ」が植え付けてあります。
通販(今まで6回)で一番多いのは魔法ように汚れが落ちると言う掃除関連のモノで
成功率はやや低でしたが今回は大成功でしたよ(^_^)v
まさに、痒いところに手が届くの!
 

落とし水家それぞれに灯が灯る

 投稿者:ワシモ  投稿日:2017年 9月21日(木)20時25分19秒
返信・引用
  桜さん、こんばんは。糸瓜スポンジは子供の頃は、家で作ってました。
生長して硬くなった糸瓜を何日も水に漬けて置いて腐らして繊維だけにします。
最近は、ネット通販などで売っているようですね。

http://washimo-web.jp

 

ワシモさん、追伸

 投稿者:  投稿日:2017年 9月21日(木)01時07分22秒
返信・引用
  糸瓜ですが、乾燥させて繊維だけになったものを
浴用に使っていた記憶がかすかにあります。

手に余るほど大きかったの、あれは、何処で売っていたのでしょう?(*^_^*)

 

獺祭忌机上に溢る印刷紙

 投稿者:  投稿日:2017年 9月21日(木)00時52分44秒
返信・引用 編集済
  ワシモさん、こんばんは\(^o^)/

糸瓜ですか!全く味が想像出来ないので、クックパッドで
レシピを調べました。
味噌炒めがいいようで、沖縄料理に似ていますね。
ワシモさんにとって懐かしいお母様の手料理でしょう♪

月出でて汐路ふくるる糸瓜加持 下田稔

「糸瓜加持」??
http://www.sekizanzenin.com/kaji.html

昨日、千日回峰行を修めた大阿闍梨のニュースが放映されたばかりなので
興味深いです。
私も頭に御数珠を頂きたいと思います、画像を見ているだけで、手を合わせたくなりましたよ。


 

余生てふ愛しき日々よ糸瓜垂る

 投稿者:  投稿日:2017年 9月21日(木)00時13分19秒
返信・引用
  昴さん、こんばんは♪

わあ~見事に咲きましたね!!
白い曼珠沙華、大好きです。さっそくアップして下さり、有難うございます。
白と言っても、ほんのりピンクが差していますね。

数年前、子規庵に行きました。ちょうど今頃の時期だったのでしょう、子規が臥せって
いた和室から糸瓜棚が見えました。
 

豚肉と糸瓜炒める昭和かな

 投稿者:ワシモ  投稿日:2017年 9月20日(水)23時10分35秒
返信・引用 編集済
  桜さん、昴さん、皆さん、今晩は。
厳しい残暑が涼しさに代わっていく時季ですが、なんとなく寂しい雰囲気もあります。
糸瓜棚は、そんな時季にピッタリなオブジェクトですね。昨年はわが家でも糸瓜が
ぶら下がっていました。さて、糸瓜を食べたことがありますか。
母が豚肉と炒めてよく食べさせてくれていました。食べ馴れないと、食感が微妙かも知れません。

http://washimo-web.jp

 

/89